明日を笑顔にする
美容医療Webメディア
Smile > 美容医療 > 医療ハイフの効果や料金は?おすすめのクリニックと持続期間・注意点を解説!

医療ハイフの効果や料金は?おすすめのクリニックと持続期間・注意点を解説!

  /   445views

医療ハイフ(HIFU)は、超音波を肌の奥に届かせることで、小顔効果やリフトアップを促す施術方法です。切開をしたり、体内に何かを入れたりする必要もないハイフの施術は、リスクや副作用も少なく、施術後の腫れや赤みなども出にくい傾向にあります。

料金相場は20,000~100,000円程度で、クリニックによっては初回限定割引やモニター利用でお得に受けることが可能です。

また、ハイフを受けるなら、複数のハイフプランから選べるTCB東京中央美容外科がおすすめです。40代以降向けのセレネハイフのほか、希望に合わせてショット数を選ぶこともできます。

この記事では、TCB東京中央美容外科などのおすすめクリニックに加えて、ハイフの効果や気になる料金を解説します。

クリニックごとの特徴や、ハイフの施術で使用する機器、ショット数などメニューの詳細もお伝えしますので、クリニック選び参考にしてください。

TCB
東京中央美容
品川美容外科
湘南美容
クリニック
東京美容外科
機種
ソノクイーン ソノクイーン
第3世代タイタン
など
ウルトラセルQ+
ウルセラ
ウルトラセルQ+
ソノクイーン
効果持続期間
約6~12ヵ月 ソノクイーン:約6~12ヵ月
第3世代タイタン:約3~6ヵ月
約6~12ヵ月 約6~12ヵ月
料金
24,800円~ ソノクイーン:10,780円~
第3世代タイタン:19,800円~
ウルトラセルQ+:24,000円~
ウルセラ:130,370円~
33,000円~
クリニック数
89院 39院以上 100院以上 20院
公式サイト
TCB 品川美容外科 湘南美容 東京美容外科

医療ハイフの効果は?持続期間やおすすめ部位を解説

ハイフの効果

ハイフ(高密度焦点式超音波)は、たるみ改善やリフトアップ、肌の引き締め、小顔を促す施術方法で、切らないリフトアップとも呼ばれています。
ハイフの効果や持続期間、料金相場は以下の通りです。

医療ハイフの特徴
医療ハイフの施術効果 ・たるみの解消、肌のハリ改善
・リフトアップ効果
・シワの改善
ハイフの料金相場 2万~10万
施術の目安時間 30~60分
施術効果の持続期間 半年~1年程
医療ハイフがおすすめの人 ・切らずにリフトアップやたるみ改善をしたい人
・腫れなどのダウンタイムが少ないたるみやシワに対する施術を受けたい人
・目尻のシワや目元のたるみが気になる人

他のレーザー治療との違いは?ハイフの仕組みと施術効果

ハイフと他のレーザー機器の比較

ハイフは、超音波エネルギーを肌に当て、熱で筋膜を引き締めることにより、肌の引き締めやたるみ・ハリの改善、リフトアップ効果を促す施術です。
熱によりダメージを受けた肌が回復することでコラーゲンの生成が促進されるので、肌質改善や美肌効果も期待できます。

従来のレーザー治療と比較して、たるみの根本原因であるSMAS筋膜層や皮下脂肪といった肌の深い層まで照射可能なので、高いリフトアップ効果が期待できます。
メスで直接肌を傷つける施術ではないので、ダウンタイムや副作用が発生しにくく、手軽に施術受けることができます。

SMAS(スマス)筋膜層とは?

SMAS筋膜層は皮膚の深部に位置するコラーゲンで形成された薄い膜です。加齢によるシワやたるみは、SMAS筋膜層が衰えることにより生成されます。
ハイフは、シワやたるみの原因であるSMAS筋膜層にアプローチすることが可能な施術なので、高いリフトアップ効果が期待できます。

ハイフの効果はいつからいつまで?持続期間と通う頻度

ハイフは施術後すぐに効果を実感できる場合が大半ですが、時間の経過とともにより効果を感じることができます。
特に施術後1~3ヵ月間は、コラーゲンが増え始める時期のため、より高いリフトアップ効果の実感が期待できます。

効果の持続期間はおよそ半年~1年ほどですが、術後半年を経過すると効果が薄れていく傾向にあるため、効果を継続して持続させる場合は3ヵ月~半年で1度の頻度で施術を受けることが推奨されてます。

なお、効果が出始めるタイミングと持続期間は目安の期間となっており、顔の状態やショット数などによっても施術頻度や効果が持続する期間は前後する可能性があります。

  • ハイフの効果が出始めるまで:施術当日から実感できる場合が多い
  • ハイフの効果持続期間:半年~1年程
  • ハイフに通う回数:3~5回
  • ハイフに通う頻度:3ヵ月~半年に1度

顔や二の腕への施術が可能!医療ハイフのおすすめ部位

医療ハイフは次の部位への施術がおすすめです。

  • 目尻
  • まぶた
  • 顎下
  • 二の腕
  • お腹
  • 太もも
  • お尻

医療ハイフは顎下や頬に加えて、目尻や瞼などの細かい部位への施術も受けられます。二の腕やお腹などの大きな部位への施術もでき、肌を引き締める効果が期待できます。

そのため、顔や首のたるみやしわ改善だけでなく、体の部分痩せを目指したい方にもおすすめの施術です。

医療ハイフとエステハイフの違いは?料金相場や効果の持続期間を比較

ハイフにはクリニックや皮膚科などの医療期間で行う医療ハイフとエステで行うエステハイフの2種類の方法があります。
ハイフの施術を受ける前に、医療ハイフとエステハイフの違いを確認しましょう。

医療ハイフとエステハイフの違いを比較
医療ハイフとエステハイフの違いを比較

医療ハイフとエステハイフでは、様々な違いがありますが、特に大きな違いは下記の4点です。

照射方式と出力

医療ハイフとエステハイフの大きな違いは、照射方式と出力です。高出力で皮膚の深部まで熱が届く点状方式を採用した医療ハイフに対して、低出力で皮膚の浅い層までしか熱が届かない蓄熱方式を採用しているのがエステハイフです。
照射方式と出力は施術の効果に大きく左右するので、効果を実感したい方は医療ハイフがおすすめです。

効果の持続期間

高出力である医療ハイフでは、施術の効果が半年~1年程持続する場合が多いので、長期間リフトアップ効果を実感することが期待できます。
一方、低出力のエステハイフは持続期間が1~2ヵ月程と短期間で効果が実感できなくなる場合が多いです。

料金

医療ハイフとエステハイフでは、料金が大きく異なります。1回10万円程の料金である医療ハイフに対して、エステハイフは1万円程で施術を受けることができます。
しかし、医療ハイフとエステハイフでは施術効果の持続期間が異なるので、継続して施術を受けるなら医療ハイフの方が費用を抑えることができる場合もあります。

痛み

医療ハイフは照射温度が高いため、痛みを感じる場合があります。一方で、エステハイフは照射温度が低いため、痛みを感じることがほとんどございません。
医療ハイフの中でも、痛みを軽減したユーティムスA3などの機器も登場しているので、痛みが苦手な方はユーティムスA3を導入しているクリニックでの施術がおすすめです。

おすすめの機械は?医療ハイフの機種の違い

ハイフの施術を行う機器はクリニックによって様々です。どのような機器を使用しても基本的にハイフの施術による仕組みや原理は同じです。

ソノクイーン

ソノクイーンは韓国製の機器で、3つカートリッジが搭載されています。
皮膚の浅い部分への照射に対応しているカートリッジでは、目元のたるみや小じわにもアプローチができます。
ソノクイーンによる顔の施術時間は、60分程度です。

ウルトラセルQ+

ウルトラセルQ+は韓国製の医療用ハイフ機器で、4種類のカートリッジが搭載されている機器です。
4つのカートリッジは、異なる肌の層にアプローチすることができるため、肌の悩みに合わせたハイフの施術が受けられます。

また、ウルトラセルQ+の照射温度は63℃前後と比較的低いため、痛みを感じにくい傾向にあります。
ウルトラセルQ+は照射もスピーディで、顔全体の施術は10~12分で終了する場合もあります。

ウルセラ

ウルセラはFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されており、唯一リフトアップ効果がある機器として認められています。
モニターでターゲットを確認しながら、ハイフの施術を行うことができます。

他の機器と比べて熱量が高く、温度は70℃にまで達することもあります。そのため、ウルセラによるハイフ治療は、痛みを感じやすい傾向にあります。

第3世代タイタン

第3世代タイタンは品川美容外科で施術を受けることができる施術時間の短さが特徴の医療ハイフ機器です。
顔全体にハイフの施術を受ける場合、他の機器では約30~60分が施術時間の目安ですが、第3世代タイタンは約20分と短い時間で施術を受けることができます。

第3世代タイタンは高出力の機器なので、施術時間が短く効果を実感しやすい反面、痛みが強いといった意見もあります。

医療ハイフ機器の比較
機種
ソノクイーン
ウルトラセルQ+
ウルセラ
第3世代タイタン
持続期間
約6~12ヵ月 約6~12ヵ月 約6~12ヵ月 約3~6ヵ月
施術時間(全顔)
60分程 10~12分程 40分程 20分程
痛み
感じにくい 感じにくい 感じやすい 感じやすい
特徴
目元のたるみや小じわにもアプローチ可 異なる肌の層にアプローチ可 リフトアップ効果がある機器と認可されている 施術時間が短く効果を実感しやすい
公式サイト
TCB東京中央美容外科
品川美容外科
湘南美容クリニック
東京美容外科
湘南美容クリニック 品川美容外科

ただし、付属のカートリッジや照射時間、痛みの感じやすさなどに多少の違いがあります。 以下で、ハイフの機器の種類と特徴について紹介します。

ソノクイーン

持続期間 約6~12ヵ月
施術時間 60分程
痛み 感じにくい
特徴 目元のたるみや小じわにもアプローチ可

ソノクイーンは韓国製の機器で、3つカートリッジが搭載されています。
皮膚の浅い部分への照射に対応しているカートリッジでは、目元のたるみや小じわにもアプローチができます。
ソノクイーンによる顔の施術時間は、60分程度です。

痛みを感じにくく、効果が最大1年程度続くのがメリットです。痛みが不安な方はもちろん、目元などのデリケートな部位にハイフを照射したい方におすすめです。

ウルトラセルQ+

持続期間 約6~12ヵ月
施術時間 10~12分程
痛み 感じにくい
特徴 異なる肌の層にアプローチ可

ウルトラセルQ+は韓国製の医療用ハイフ機器で、4種類のカートリッジが搭載されている機器です。
4つのカートリッジは、異なる肌の層にアプローチすることができるため、肌の悩みに合わせたハイフの施術が受けられます。

また、ウルトラセルQ+の照射温度は63℃前後と比較的低いため、痛みを感じにくい傾向にあります。
ウルトラセルQ+は照射もスピーディで、顔全体の施術は10~12分で終了する場合もあります。

短い施術時間と複数のカートリッジが特徴のため、効率的な施術を求める方におすすめです。

ウルセラ

持続期間 約6~12ヵ月
施術時間 40分程
痛み 感じやすい
特徴 リフトアップ効果がある機器と認可されている

ウルセラはFDA(アメリカ食品医薬品局)に承認されており、唯一リフトアップ効果がある機器として認められています。
モニターでターゲットを確認しながら、ハイフの施術を行うことができます。

他の機器と比べて熱量が高く、温度は70℃にまで達することもあります。そのため、ウルセラによるハイフ治療は、痛みを感じやすい傾向にあります。

痛みが苦手な方には向いていませんが、リフトアップ効果をしっかりと感じたい方におすすめです。

第3世代タイタン

持続期間 約3~6ヵ月
施術時間 20分程
痛み 感じやすい
特徴 施術時間が短く効果を実感しやすい

第3世代タイタンは品川美容外科で施術を受けることができる施術時間の短さが特徴の医療ハイフ機器です。

顔全体にハイフの施術を受ける場合、他の機器では約30~60分が施術時間の目安ですが、第3世代タイタンは約20分と短い時間で施術を受けることができます。

第3世代タイタンは高出力の機器なので、施術時間が短く効果を実感しやすい反面、痛みが強いといった意見もあります。

そのため、痛みや肌への負担より手軽にリフトアップ効果を感じたい方におすすめの機器です。

料金や施術プランは?医療ハイフがおすすめのクリニックを紹介!

ここからは医療ハイフの施術がおすすめのクリニックの料金や施術プランについて紹介します。
各クリニックで使用している機器やアフターケアについても記載しているので、クリニック選びの参考にしてください。

年齢肌に対応した施術コースを用意!
TCB東京中央美容外科ハイフのおすすめポイント
  • 40代以降向けのセレネハイフコースあり
  • ショット数を3種類から選べる
  • 複数回プランも選択できる

TCB東京中央美容外科のハイフでは、ソノクイーンを使用した施術が行われます。
通常のハイフメニューに加え、40代以上の人におすすめの年齢肌に対応したセレネハイフというコースもあります。

TCB東京中央美容外科のハイフは、ショット数に応じてスタンダード、ウルトラプラス、ウルトラプラスプレミアムというコースに分けられます。

コースごとに4回セットもあり、単発のコースよりも1回あたりの施術料金がお得になります。

ショット数や回数を自由に選ぶことができるので、自分に合ったプランが見つかりやすいのもTCB東京中央美容外科の特徴です。

さらに、セレネハイフなら最大12回までの回数プランを選択でき、40代以降でしっかり肌ケアをしたい方におすすめです。また、TCB東京中央美容外科ならアフターケアやカウンセリングもすべて無料で受けられます。

そのため、初めてハイフや美容施術を受ける方にもおすすめです。

施術 料金(税込)
スタンダード全顔
※額・目の周り除く(80ショット)
1回:24,800円
4回:93,700円
ウルトラプラス全顔
※額・目の周り除く(160ショット)
1回:71,100円
4回:202,900円
ウルトラプラスプレミアム全顔
※額・目の周り除く(240ショット)
1回:91,500円
4回:284,400円
セレネハイフ ベーシック(80ショット)
19,800円

スタンダード(175ショット)
1回:49,800円
3回:134,460円
5回:211,650円
8回:318,720円
12回:418,320円

プレミアム(210ショット)
1回:69,800円
3回:188,460円
5回:279,200円
8回:390,880円
12回:502,560円
アフターケア 無料
様々な部位の施術が可能!
品川美容外科ハイフのおすすめポイント
  • 複数の機器から選べる
  • 初回限定割引でお得に受けられる
  • 部位を細かく指定できる

品川美容外科のハイフでは、第3世代タイタン、ソノクイーン、ダブロシリーズ(ダブロ・ダブロGOLD・ダブロ-S+)といった複数の機器を導入しています。

値段や施術部位などによって、自分に適した機器によるハイフの施術を受けられるのが品川美容外科の特徴です。
また、部位も細かく分かれているため、自分の必要な箇所を選択することができます。

ソノクイーンなら初回限定価格が用意されているので、お試しでハイフを受けたい方にもおすすめです。機器や部位を細かく指定でき、気になる部分にピンポイントでハイフを当てたい方にも向いています。

アフターケアや初診料はすべて無料なので、追加費用を抑えながらハイフの施術を受けられます。

施術 料金(税込)
第3世代タイタン ホホ(360ショット)19,800円
顔全体(660ショット)29,800円
目もと全体(120ショット)27,500円
アゴ下(70ショット)16,500円
ソノクイーン ホホ
100ショット(初回限定) 10,780円
120ショット 16,500円
240ショット 26,400円

コメカミ上(40ショット)16,500円
アゴ下(60ショット)16,500円
目もと全体(320ショット)39,600円
全顔(340ショット)44,000円
ダブロGOLD ホホのみ
初回 81,000円
2回目以降 108,000円

顔全体
初回 105,840円
2回目以降 162,000円
アフターケア 無料
首のたるみ解消におすすめ!
湘南美容クリニック
湘南美容クリニックハイフのおすすめポイント
  • ショット数が多い
  • デリケートな部位にも照射可能
  • 全国展開で通いやすい

湘南美容クリニックのハイフは、ウルトラセルQ+という韓国製の機器と、FDA承認のウルセラによる施術が行われます。

湘南美容クリニックのウルトラリフトプラスHIFUでは、皮膚の深さの異なる3層に対して、重ね打ちをします。

また、ショット数が多いのも湘南美容外科のハイフの特徴です。
SBCハイフシャワーは、皮膚の浅い層にアプローチをするコースとなっており、1ヶ月ごとに施術を受けることが可能です。

目元などのデリケートな部位にも照射できるため、目元のシワやたるみが気になる方にもおすすめのクリニックといえます。

また、湘南美容クリニックは全国に100院以上展開されており、家や職場から近い医院を選べるのもうれしいポイントです。

施術 料金(税込)
ウルトラリフトプラスHIFU
(ウルトラセルQ+)
頬・あご下※目元除く(410ショット)24,000円
全顔(あご下・目元含む)(650ショット) 29,800円
全顔+首(830ショット) 39,800円
デコルテ(240ショット) 29,800円
SBCハイフシャワー
(ウルトラセルQ+)
全顔(あご下・目元含む)330ショット 19,800円
全顔+首 450ショット 25,800円
ウルセラ 顔(頬・頬骨・顎下) 130,370円
顔(頬・頬骨・顎下)+眼周囲 160,920円
顔+眼周囲+首 211,850円
アフターケア 無料
初めての施術におすすめ!
東京美容外科
東京美容外科ハイフのおすすめポイント
  • 2種類の機器から選ぶことができる
  • 400ショットを目安にして照射
  • 術後の保証制度あり

東京美容外科では、ウルトラセルQ+とソノクイーン(銀座院のみ)によるハイフの施術が行われます。

基本的なハイフの施術はウルトラセルQ+がメインで、ソノクイーンでは目元や口周りなど部分的な施術コースが用意されています。

ウルトラセルQ+では1回の施術で400ショットを目安に照射が可能で、約10分~12分ほどで全顔の照射が完了します。治療した当日からメイクが可能なので東京美容外科内に用意されているパウダールームも利用して帰宅することも可能です。

東京美容外科では保証制度も用意されており、ウルトラセルQ+での施術を受けた方であれば術後にどんなトラブルが発生した場合でも対応してもらえるため、初めてハイフを受けるという方でも利用しやすいでしょう

施術 料金(税込)
ウルトラセルQ+ 全顔
55,000円

全顔+顎下
77,000円
ソノクイーン
(銀座院のみ)
全顔
110,000円

顎下~首
33,000円
アフターケア 無料
加齢による肌の悩みに対応!

クリニックフォアでは、ウルトラセルQ+とソノクイーンの2つのハイフマシーンを選ぶことができ、施術してもらってから早い段階でリフトアップや小顔効果があります。
また、ほとんどダウンタイムがありませんので、すぐにメイクをすることができますので、次の日にメイクをしたいと考えている人にもおすすめのクリニックです。

ソノクイーンというハイフマシーンを導入しているため、肌の浅い部分から更に深い層にも照射をすることができますので、目元などにハイフを施術することもできます。

ほうれい線やたるみなどの改善を検討しているのであれば、クリニックフォアはおすすめです。

施術 料金(税込)
ソノクイーン 全顔(顎下・頬・目周り) トライアル76,780円
1回107,800円
2回173,800円
目周り トライアル16,500円
1回32,780円
2回55,000円
1回76,780円
2回138,600円
顎下 1回43,780円
2回74,800円
タイトニングマスク 3,300円
ウルトラセルQ+ 全顔(顎下・頬・目周り) トライアル104,500円
1回137,500円
2回220,000円
目周り トライアル27,500円
1回41,250円
2回74,250円
顎下の脂肪溶解 トライアル44,000円
1回55,000円
2回140,250円
ハイフマシーンの種類が豊富!
ガーデンクリニック

ガーデンクリニックでは、ウルトラセルQ+とウルトラセルが導入されています。
ウルトラセルQ+は痩身治療に適していて、ウルトラセルは肌のたるみ治療に適したマシーンです。
ウルトラセルQ+の特徴として、顔だけではなく、顎下や二の腕などといった部分痩せに適したマシーンとなっています。

ガーデンクリニックのウルトラセルQ+はリニアファームと呼ばれるマシーンで、線上照射で広い範囲に熱を伝えることができます。
これによって、効率よく且つ短時間で脂肪を融解することができるのです。

また、完全予約制になっていますので、クリニックに行ったのに長時間待たされる可能性を低くすることができます。
さらに、リニアファームは肌表面への負担がなく、広い範囲に熱を与えることができるので、時間がない人や少しでも痛みを軽減したい人にもぴったりです。

ガーデンクリニックではモニター価格も用意されているため、少しでも料金を安くしたいのであれば、10%割引されるモニター価格で施術をしてもらうといいでしょう。

施術 料金(税込)
ハイフ全顔 107,800円
ハイフ顎下 55,000円
ハイフ首 44,000円
ハイフ全顔・首・顎下 173,800円
ハイフ全顔・顎下 138,600円
GFR首 55,000円
GFR全顔 88,000円
SRR目元 22,000円
ハイフマシーンの種類が豊富!

TAクリニックは毎月のようにキャンペーンを実施しています。
このキャンペーンを活用することで、お得にハイフを施術してもらうことが可能です。

ウルトラセルQ+とウルトラセル、ソノクイーンをハイフマシーンとして導入されており、肌の浅い層にも深い層にも照射することができます。

ほとんどダウンタイムがないソノクイーンであれば、施術した部位も目立ちにくくなります。
また、施術をするのは、技術と知識をしっかり持っている医師がしてくれますので安全性も高いです。

ハイフは信頼性が高く、キャンペーンで少しでも出費が少ないクリニックで施術したいと考えているのであれば、TAクリニックも選択肢に入れてみてください。

施術 料金(税込)
ダブルハイフ(首・全顔) 54,800円
ウルトラダブルハイフ(首・全顔) 76,800円
スペシャルダブルハイフ(首・全顔) 98,800円
目元 66,000円
効果が6ヶ月程度持続するハイフ!

ルシアクリニックのハイフは、6ヶ月ほど持続性があるのが特徴的です。
2ヶ月ほどかけて、施術の熱作用で肌のコラーゲンの生成を促しているためです。

1ショットにかかる時間が非常に短いという特徴もありますので、痛みが苦手な方にもおすすめのクリニックです。
また、1ショット終わるごとに、照射による肌の反応や痛みなどを見ながら施術していきます。
そして、効率よく効果を発揮するために照射出力を上げていきますので、ハイフの効果を得やすいという特徴もあります。

施術時間も20分で終わりますので、忙しい方にもピッタリのクリニックです。

施術 料金(税込)
ハイフ・タイトニング/ウルトラセルQプラス 目元33,000円
全顔・目元・フェイスライン99,000円
全顔・目元55,000円
極リフト 74,800円~
ショッピングリフト 79,200円~
ボラックスXC 70,400円
ボリューマXC 70,400円
ボリフトXC 70,400円
ボルベラXC 70,400円
小顔ボトックス シングル44,000円
ダブル70,400円
肌への負担が少ないハイフマシーンを採用!
城本クリニック

城本クリニックでは、ウルトラハイフSというハイフマシーンを導入しています。
このウルトラハイフSは、他のハイフマシーンとは違い、円状に照射するという特徴があります。
円状に照射することによって、肌の赤みや腫れなどといった肌の負担が少なく、ダウンタイムがほとんどありません。
そのため、施術された直後でもメイクをすることができます。

ハイフのプランとして、目元だけや首、顎下、頬など、施術してほしい部位だけに照射することができる点も特徴の一つとなっています。

また、ハイフを医師が施術してくれますので、リスクを抑えることができるため、安全性の高いクリニックでハイフを施術してほしいと考える人にオススメです。

施術 料金(税込)
全顔(顎下含む) 65,780円
全顔(顎下含む)・首 76,670円
全顔(顎下含む)・目元 79,420円
顔全体(顎下含む)・目元・首 90,310円
顎下のみ 21,780円
頬のみ 32,780円
目元のみ 21,780円
首のみ 21,780円
目的に合わせてハイフマシーンを選択できる!
誠心美容クリニック

聖心美容クリニックでは、日本で初めてハイフマシーンであるウルトラセルQ+とウルセラを導入しています。

ウルトラセルQ+は施術後の腫れや施術中の痛みが殆ど無いだけではなく、肌のリフトアップにも優れているという特徴もあります。
そして、ウルセラは、皮膚で最も深い層にも照射をして、リフトアップをすることができるハイフマシーンです。
ですので、肌のたるみをどうにかしたいと考えているのであれば、ウルセラを導入している聖心美容クリニックはおすすめのクリニックと言えます。

逆に痛みを少しでも軽減させたいのであれば、ウルトラセルQ+を選びましょう。
また、ウルトラセルQ+は400ショットを5分程度で終わらせることができるため、あまり時間を確保することができない人にもおすすめです。

このように、目的や求めることに合わせてハイフマシーンを選ぶことができる点が、聖心美容クリニックの魅力と言えます。

施術 料金(税込)
全顔(ドット) 48,500円
全顔・首(ドット) 198,000円
中下顔面(ドット) 118,800円
上顔面(ドット) 79,200円
中下顔面・首(ドット) 158,400円
首(ドット) 79,200円
顎・頬(リニア) 1回54,450円
3回146,960円
スタッフの技術力が高い!
リアラクリニック

リアラクリニックで行っているハイフでは、ソノクイーンというハイフ治療マシーンを取り入れています。
このソノクイーンは、目元や眉下、口周辺、ほうれい線などといった部位でも細かく照射をして施術できるという特徴があります。

また、肌の最も奥にある筋膜にも届き、肌の引き締めをしてリフトアップ効果が期待できるのです。
リアラクリニックでは、定期的にミーティングや勉強会を行っており、常に技術や知識のアップデートをしているため、安全性が高く、技術力も高いですので、おすすめです。

駅からも徒歩2分と、非常に近い立地にありますので、仕事帰りによって施術をしてもらいたいと考えている方も検討してみてはいかがでしょうか。

施術 料金(税込)
ソノクイーン(250ショット)全顔 24,800円
ソノクイーン(500ショット)全顔 1回45,000円
2回82,000円
4回149,000円
ソノクイーン(700ショット)全顔 1回55,000円
2回102,000円
4回189,000円
オリジナルマシーンでハイフ施術!
共立美容外科

共立美容外科は、まだ日本でハイフが知られていなかった2013年に国内初のダブロ施術をスタートした美容クリニックであり、それから10年ほどハイフ治療を行っていることから、施術件数もとても多いです。

また、共立美容外科では、スーパーハイフプロというオリジナルマシーンを使って施術をするというのも特徴的です。
スーパーハイフプロは、細かく設定をすることが可能であり、超音波も3種類あります。
ですので、口周りなどのように皮膚が薄い部位にも照射をすることが可能になっています。

細かい設定により、その人の肌に適したハイフ治療をオーダーメイドで施術することができるため、肌への負担を少なくしつつハイフを施術して欲しい人にとてもおすすめです。

施術 料金(税込)
口周り30ショット 19,250円
全顔180ショット 44,000円
目の周りダブル照射 55,000円
顎下ダブル照射 55,000円
額ダブル照射 55,000円
顔上部全体ダブル照射 99,000円
顔下全体トリプル照射 136,000円
顔全体・顎下トリプル照射 185,500円
ハイフを試してみたい人におすすめ!

表参道メディカルクリニックは、最寄り駅から徒歩5分以内という好立地にある美容クリニックです。
また、キッズルームが用意されていますので、小さなお子さんを連れて施術してもらえるというメリットがあります。

また、表参道メディカルクリニックでは、初回料金を用意していますので、ハイフがどのようなものなのか試してみたいという人にも適しています。

1回ハイフを施術してもらうことで、3ヶ月から半年ほど効果を持続させることも可能です。
ウルトラセルQ+をハイフマシーンとして導入されており、筋膜を引き締めて、たるみの原因を解消させやすくなっています。

施術 料金(税込)
ハイフ(小顔・しわ・たるみ治療) 両頬(300ショット) 初回35,200円
1回44,000円
全顔 初回61,600円
1回77,000円
顎下・全顔 初回79,200円
1回99,000円
首・全顔(750ショット) 初回96,800円
1回121,000円
目周りOP 22,000円
シャワーハイフ(小顔・毛穴の引き締め・タイトニング) 300ショット 初回35,200円
1回44,000円
ハイフリニア(フェイスラインのたるみ・二重あご) 120ショット 初回17,600円
1回22,000円
300ショット 初回35,200円
1回44,000円
ハイフシャワーでコラーゲンの生成を促進!

レア形成外科のハイフは、フェイスラインをスッキリさせたり、ほうれい線や二重あごの改善をするための施術を行っています。
超音波を肌に照射することで、毛穴を引き締めたり、たるみの改善も期待できます。

また、レア形成外科では、プロテオグリカンやプラセンタなど、肌に必要な成分を配合しているマスクを用いるため、より一層効果が期待できるという特徴も持っています。

さらに、レア形成外科では、ハイフシャワーと言われる施術もあり、超音波を均等に照射をして熱を与えていく施術も行っています。
このハイフシャワーによって筋膜や肌の奥の層にも熱を伝えることができるため、コラーゲンの生成を促し、美肌や美白効果や肌質の改善効果が期待できます。

施術 料金(税込)
ハイフリフト フェイスライン・頬99,000円
こめかみ・前額22,000円
目の周り22,000円
首22,000円
顎下33,000円
ディープハイフシャワー 顎下33,000円
ハイフアイシャワー 目の周り22,000円
ハイフシャワー 全顔33,000円
マッサージピール11,000円
首22,000円

注意点やリスクはある?医療ハイフの副作用・デメリット

クリニックで行うハイフの施術は、比較的副作用が少ない傾向にあります。
しかし、人によって痛みや腫れが発生する場合があります。

下記で、ハイフの副作用について説明します。また、施術を受ける際に注意したい点やデメリットについても解説します。

ハイフの副作用・デメリット
副作用 痛みや腫れが発生する
熱間や赤みが出る
デメリット 頬がこけてしまうことがある
ダウンタイム期間 1週間程度
施術後の過ごし方 保湿や紫外線ケアを行う
2~3日は激しい運動を控える
メイク 当日から可能
入浴 短時間であれば当日から可能

医療ハイフの副作用

ハイフは基本的に副作用が少なく痛みや腫れが発生しにくい施術ですが、人によって熱感や赤みが出る場合や、筋肉痛のような痛みが発生する場合があります。
特に、高出力で照射した場合や顔の脂肪が多い方の場合は熱変性の影響を受けやすく、副作用が発生する可能性が高くなります。
副作用で生じた痛みや腫れは1週間程度で収まる場合が多いですが、症状が続く場合は施術を受けたクリニックに相談しましょう。

また、ハイフの施術後は肌のバリア機能が低下している状態なので、保湿や紫外線ケアを入念に行うことがおすすめです。

医療ハイフのデメリット・リスク

ハイフのデメリット・リスクとしては、頬下やこめかみなどに施術を行いすぎると、顔がこけて老け顔に見える場合があります。
特にもともと頬の脂肪が少ない方の場合はリスクが発生しやすいので、施術の受けすぎには注意が必要です。

使用するハイフの機械や個人の顔の状態にもよるため、無料カウンセリング時に医師としっかりと相談をするようにしましょう。

医療ハイフを受けるクリニックのおすすめの選び方3つを紹介

ハイフを受けるときは次の3点に気を付けて選ぶのがおすすめです。

  • 施術料金が予算内に収まるか
  • 施術範囲やショット数が希望通りか
  • アフターケアの手厚さ

料金やプラン内容に加えて、アフターケアの充実度もチェックしましょう。ハイフはダウンタイムや痛みが短い施術ですが、頬こけなどのリスクがあります。

特に、初めてハイフを受ける場合はアフターケアを重視して選ぶことで、施術前後に不安がある方も落ち着いて受けられます。

施術料金が自分の予算内かどうか

希望の部位の施術料金を確認しましょう。

ハイフは人によって複数回の施術が必要になる場合もあるため、2回目以降の料金も確認してください。

また、ハイフの施術で使用する機器に希望がある場合は、機器ごとの施術料金も確認しましょう。

施術範囲が希望に合っているか・ショット数が十分か

クリニックによってハイフの施術範囲は若干異なる場合があります。
全顔と記載があっても目元は含まれておらず、オプション料金が発生することもあります。

そのため、自分がハイフの施術を受けたい部位が含まれているかどうかを確認しましょう。

ショット数に関して、顔全体の施術を受けたい場合、目安は400ショットとなります。全顔+首の場合は600ショットが目安です。
クリニックによっては、ショット数が限られているコースがあります。

安易に施術料金の安さだけで選ぶと、ショット数が少なくて顔全体の施術を受けられないということになりかねません。

そのため、ハイフの施術料金だけではなく、コースのショット数も確認するようにしましょう。

アフターケアが手厚いか

ハイフの施術後に、アフターケアを行ってもらえるかどうかを確認しましょう。

ハイフの施術によって万が一肌トラブルなどが起きた場合、無料で診察や処置、薬の処方などを行ってくれるクリニックがおすすめです。

ハイフは痛みや腫れなどの副作用のほか、頬がこけるなどのリスクがあります。アフターケアをしっかり行うクリニックを選べば、トラブルが起きても迅速に対応してもらえます。

医療ハイフの流れ!カウンセリングで機器の説明を受けるのがおすすめ!

クリニックでハイフの施術を受けるときの流れは以下の通りです。

STEP1
カウンセリング予約

ハイフのカウンセリングを受けるために、最初にWEBや電話からカウンセリングの予約を行いましょう。

予約時には改善したい悩みやカウンセリング当日の施術の希望などを伝えることができます。そのほかに気になることがあれば、予約時に伝えておくことでカウンセリングをスムーズにすすめることができます。

STEP2
無料カウンセリング

無料カウンセリングで医師とハイフの施術について相談します。顔の状態を医師に確認してもらい、コースや機械の提案を受けます。
ハイフで使用する機械の希望がある場合は、無料カウンセリングの際に伝えるようにしましょう。

値段やハイフのコース内容に納得した場合は、契約書にサインをして支払いをします。
クリニックによっては、無料カウンセリングと同じ日にハイフの施術を受けられる場合もあります。

STEP3
施術料金の支払い・契約

施術内容が具体的に決まったら、施術料金を先に支払って契約を行います。

支払い方法はクリニックごとに違いますが、クレジット支払いや医療ローンを利用できることが多いです。

カウンセリング当日に施術を受ける場合は契約後施術室に移動しますが、後日受ける場合は施術日の予約を行って帰宅する流れです。

STEP4
ハイフの施術

ハイフの施術前は、クレンジング・洗顔を行います。施術部位にジェルを塗布し、ハイフの照射を行います。
施術時間は部位やショット数、機械にもよりますが、30~60分程度です。

麻酔なしで行われることがほとんどで、施術中は痛みなどの不快感がないか確認しながら進めてもらえます。

STEP5
ハイフの施術後

ハイフの施術後は、メイクをすぐにすることができます。
また、洗顔やシャワーも、ハイフの施術当日から可能です。

ダウンタイムなどに不安なことがある場合は、施術後に医師やスタッフに相談することができます。アフターケアの方法についても説明を受けられるので、自宅での過ごし方がわからない場合は聞いておくようにしましょう。

医療ハイフの気になる疑問を解決!効果のピークや痛みの程度は?

初めてハイフなどの美容医療を受けるときは、痛みなど不安なことがたくさんあるはずです。

悩みを解消してからカウンセリングを受けに行くことで、前向きな気持ちで施術を受けられます。ハイフに関する気になる疑問を集めたので、事前に確認しておきましょう。

ハイフ施術時の痛みは?

皮膚下がチクチクするような痛みと、骨に響くような痛みを感じるケースが多いです。
特にフェイスラインなどの骨の上は、痛みを感じやすい傾向にあります。
どうしても痛みが心配な場合は、麻酔を使用してくれるクリニックもあります。
また、ハイフの施術中の痛みに耐えられなくなった場合は、出力を下げてもらうことも可能です。

ハイフ施術後におすすめのスキンケア方法は?

保湿ケアと紫外線対策を念入りに行いましょう。
ハイフ施術後は、熱エネルギーによる影響で肌が乾燥しやすく、紫外線ダメージも受けやすい敏感な状態になっているためです。
スキンケアを行うアイテムは刺激が強いものは避け、日常的に使用しているものや、低刺激のものを選びましょう。

ハイフの効果のピークはいつ?

ハイフは術後1~3ヶ月経った頃が効果のピークになることが多いです。

イベントなどでハイフを受けたい方は逆算して受ける時期を決めることをおすすめします。

ハイフと糸リフトは同時に施術できる?

ハイフと糸リフトは同時に施術することが可能です。
ハイフと糸リフトを組み合わせることにより、リフトアップ効果をより期待することができます。
どうしても痛みが心配な場合は、麻酔を使用してくれるクリニックもあります。

ただし、併用する場合はダウンタイム期間中に施術を受けないことが重要です。
以下の記事では糸リフトで期待できる効果やダウンタイムについて紹介してますので、合わせてチェックしてください。

ハイフを安く受けたいときはショット数・範囲の確認をおすすめ!

医療ハイフをできるだけ安く受けたい場合、値段だけをみて判断するのはNGです。
いくら値段が安くても、ハイフのショット数が少なかったり、施術範囲が狭かったりすると、肌への変化を実感しにくくなる可能性があるからです。

ハイフのショット数の目安は全顔400ショットとされているため、この数字を基準にクリニックのコースを見極めるようにしましょう。
なお、ハイフで使用する機器によって、痛みの感じにくさや施術時間の短さなど特徴も異なります。

効果の実感の仕方は個人差があり、合う機械も人によって異なる場合があります。
そのため、どの機械によるハイフの施術が合っているか見極めたい人は、初回プランがあるクリニックで試してみるのもおすすめです。