明日を笑顔にする
美容医療Webメディア
Smile > 医療脱毛 > 毛が薄い人でも脱毛できる?脱毛回数やおすすめクリニック・脱毛機の選び方

毛が薄い人でも脱毛できる?脱毛回数やおすすめクリニック・脱毛機の選び方

  /   5,402views

体毛が濃い方に向けた脱毛の情報や自己処理の方法を見かけることは多いですが、体毛が薄い方向けの情報は少ないと感じる方が多いはずです。

しかし、体毛が薄い方は、脱毛に行く意欲が体毛が濃い方に比べて低くなりやすいので、間違った自己処理のリスクが高くなります。

そのため、体毛が薄い方こそ毛の処理に関する知識を身に着けておくことが大切です。

そこで、本記事では体毛が薄い方や少ない方向けの脱毛のやり方やクリニックの選び方を紹介します。詳しい脱毛の回数や期間も解説するので、体毛が薄くて脱毛に関心がある方は要チェックです。

※掲載されている施術は自由診療のため、公的医療保険制度は適応されません。
※本記事の料金は全て税込み表記です。

体毛が薄い人の自己処理や脱毛に関する悩みは?自己処理だけで肌負担のリスクも

体毛が薄い人は、脱毛や毛の処理に関する悩みがないと思われやすいですが、情報が少ない分さまざまな問題や悩みを抱えている場合があります。

体毛が濃い人との違いや薄いからこその悩みを紹介するので、体毛が薄くて悩んでいる方は自分にも当てはまるかチェックしてみましょう。

体毛が薄い人の脱毛や自己処理の悩みとは?

体毛が薄い人のよくある悩み
  • 自己処理を忘れることが多い
  • 少量の毛が目立ちやすい
  • 脱も王に関する情報が少なくて通う勇気が出ない

体毛は薄い方がいいといわれることがあり、毛が薄いことを羨ましがられたり褒められたりする方も多くいます。

確かに、体毛が多い人に比べて自己処理の時間が短く済むことが多いなどメリットもありますが、自己処理を忘れやすくなったり少し生えると目立ったりするなどのデメリットも挙げられます。

また、体毛が薄い人向けの脱毛の情報は濃い人に比べて少なく、医療脱毛クリニックや脱毛サロンに通う勇気がなかなか出ない方もいるはずです。

このような体毛が薄いからこその悩みは、体毛が濃い人には理解できないことも少なくありません。

体毛が薄い人は自己処理による肌負担が増えるリスクも

体毛が薄い人は、脱毛に通わず自己処理を頻繁に行うことも多いですが、カミソリや毛抜きでの処理で肌荒れやカミソリ負けが起きるリスクがあります。

体毛が濃いことに悩んでいる場合は、早い段階で脱毛に通って手入れの頻度を減らすことができ、結果的に体毛が薄い人に比べて自己処理の回数が減る可能性が高いです。

一方、体毛が薄い人は、数本生えたワキの毛を毛抜きで抜いたりVIOの少量の毛をカミソリで剃ったりと、少ないからと肌への負担をかけてしまうことが多くなります。

また、自己処理への情報に疎く、間違った自己処理をしてしまうことも少なくありません。

そのため、体毛が薄くても肌負担や自己処理の多さが気になる方は、脱毛を選択肢に入れるのがおすすめです。

毛が少なくても回数が必要?体毛が薄い人が脱毛にかかる期間や回数

体毛が薄い場合に、脱毛にかかる期間や回数の目安は以下のとおりです。

  • 回数:10~12回
  • 期間:約1年

体毛が薄いと脱毛にかかる期間が短いと思われやすいですが、実際には同程度かそれ以上かかるケースもあります。

今から脱毛を考えている方は、どれくらいで脱毛が完了するかチェックしておくことで、タイミングを考えながら脱毛を始めることができます。

体毛が薄い人が脱毛にかかる回数

体毛が薄い人でも脱毛にかかる回数は8~12回程度です。

脱毛クリニックで使われる脱毛機はメラニン色素に反応してレーザーを照射する仕組みが多く、色素が薄い毛にはなかなか効果を感じられないことがあります。

そのため、体毛が濃くて多い人に比べて脱毛の回数が増えることも少なくありません。

体毛が濃い人でも背中や顔などの産毛は8~12回ほどかかることもあり、体毛が薄いとそれ以外の部位も脱毛効果をなかなか実感できないことがあるので、時間をかけて脱毛に通う気持ちを持っておきましょう。

体毛が薄い人が脱毛にかかる期間

体毛が薄い人は、満足できる脱毛効果を得るまでに1年程度かかる場合があります。

脱毛は前回の施術から1ヶ月程度空ける必要があるので、1年間で最大12回受けられ、1年あれば脱毛効果を実感できる可能性が高いです。

ただし、個人差があるので、期間が前後する場合があります。そのため、余裕をもって早めに脱毛に通い始めるのがおすすめです。

どう選ぶ?毛が薄い人の脱毛クリニックやサロンの選び方

毛が薄い人が脱毛クリニックやサロンを選ぶときは、脱毛機の種類に注目するのがおすすめです。

薄い毛は、脱毛機の種類によっては効果が出にくい場合があります。自分の毛質に合う機械を選ぶことで、効率よく脱毛をすることができます。

【医療脱毛】毛が薄い人の脱毛機の選び方

毛が薄い人が脱毛クリニックで脱毛するときは、蓄熱式の脱毛機を選ぶのがおすすめです。

脱毛クリニックで取り扱う機械の種類は蓄熱式と熱破壊式の2つがあり、それぞれ特徴が異なります。

熱破壊式の脱毛機はメラニン色素に反応する仕組みで、メラニンのある部分に熱エネルギーを与えて発毛組織を壊します。そのため、VIOやワキなどの濃い毛には効果が出やすいですが、薄い毛には効果を感じにくいことが多いです。

一方、毛が薄い人におすすめの蓄熱式の脱毛機は、メラニン色素に関係なく毛の成長を促進するバルジ領域に熱を与えます。

メラニン色素が薄い毛の脱毛をするなら、メラニン以外にアプローチできる蓄熱式脱毛機を取り入れているクリニックを選びましょう。

【脱毛サロン】毛が薄い人の脱毛機の選び方

脱毛サロンで脱毛するときは、産毛や薄い毛向けの脱毛機を取り入れているサロンを選ぶのがおすすめです。

サロンの脱毛機は脱毛方式によって違い、IPLやSHR、SSCなどがあります。IPL脱毛は脱毛クリニックの熱破壊式と同じく、メラニン色素の黒い部分に反応する方式で、薄い毛には向いていません。

一方、蓄熱式のSHR脱毛は、新しいやり方で脱毛する機械のため受けられるサロンが少ないですが、産毛や薄い毛におすすめです。

脱毛サロンでは全身脱毛だけでなく、ワキやVIO、顔だけなど気になる部位だけを選べるプランも多くあります。

さまざまなサロンがあり、全身脱毛専門の銀座カラーや部分脱毛プランが豊富なラココなど複数あるので、カウンセリングを複数受けて自分に合うサロンを選ぶようにしましょう。

薄い毛や産毛におすすめの脱毛クリニックは?プランや保証などの選ぶポイントも

毛が薄い向け脱毛クリニックを選ぶポイント
  • 薄い毛に合う蓄熱式脱毛機があるかチェック
  • プランの施術回数や追加照射をチェック
  • 硬毛化の対応や保証制度の有無をチェック

医療脱毛を受ける場合は、産毛や薄い毛に効果が出やすい蓄熱式の脱毛機があるか確認するのがおすすめです。

毛が薄い場合は、蓄熱式脱毛機を使っても施術回数が必要になることもあるので、プランごとの回数や追加照射の有無も一緒にチェックしてみましょう。

プラン詳細をしっかりチェックしておくことで、脱毛にかかる費用総額の見積もりができます

また、レーザーによって濃い毛が生えてくる硬毛化や増毛化のリスクもあるため、保証制度の確認も大切です。無料で診察や再照射を行うクリニックを選べば、万が一トラブルが起きてもしっかり対応してもらえます。

クリニック名 脱毛機 代表的なプラン
レジーナクリニック ソプラノアイスチタニウム(蓄熱式)
ソプラノチタニウム(蓄熱式)
全身+VIO
5回66,000円
フレイアクリニック メディオスターNextPro
(蓄熱式・熱破壊式)
メディオスターモノリス
(蓄熱式・熱破壊式)
全身+VIO
5回99,600円
エミナルクリニック クリスタルプロ
(蓄熱式・熱破壊式)
全身+VIO
5回68,200円

自分に合った医療脱毛クリニックを見つけたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。

おすすめの医療脱毛が見つかる!人気クリニック16院の全身脱毛プランをチェック

薄い毛や産毛におすすめの脱毛サロン!選ぶときの3つのポイント

毛が薄い人の脱毛サロン選びのポイント
  • SHR脱毛を受けられるかチェック
  • 全身脱毛や部分脱毛など目的に合うプランがあるかチェック
  • カウンセリングで自分に適したプランを選んでもらう

脱毛サロンに通う場合は、薄い毛に効果が出やすいSHR脱毛を受けられるかチェックするようにしましょう。サロンの脱毛プランは非常に豊富で、部位や回数など自分に合うものを見つけることが大切です。

また、クリニックに比べて回数や期間がかかることがあるので、早めに通い始めることをおすすめします。

脱毛サロンでは最初にカウンセリングを受けますが、必ず契約をする必要はありません。費用やプランの相談を含めて、まずは気軽にカウンセリングを受けてみましょう。