明日を笑顔にする
美容医療Webメディア
Smile > 医療脱毛 > 全身脱毛の4つのメリット&デメリット!医療とサロンどちらがおすすめ?

全身脱毛の4つのメリット&デメリット!医療とサロンどちらがおすすめ?

  /   2,007views

全身脱毛をする際のメリットとデメリット、脱毛クリニックと脱毛サロンの違いについて解説します。

より効率の良い全身脱毛コースを選ぶためには、クリニックとサロンの回数や期間、効果、料金、痛みなどの違いを知ることが大切です。

全身脱毛コースへ通う上でのメリットとデメリットを理解し、後悔のない脱毛をスタートしましょう。

※医療脱毛の施術は自由診療のため、公的医療保険制度は適応されません。
※本記事の料金は全て税込み表記です。

全身脱毛のメリットとは?料金と回数がお得になる理由

全身脱毛のメリット

全身脱毛を始めると、見た目が変わるだけでなくさまざまなメリットを得られます。

どんなメリットがあるかをくわしく解説します。

全身脱毛のメリット

  • まとめて脱毛するから部分脱毛より割安
  • 手の届かない部位もきれいに脱毛できる
  • 全身の脱毛がいっぺんに終わる

まとめて全身を脱毛できるため部分脱毛より割安

全身脱毛はからだ全体をまとめて脱毛するプランです。部分ごとの脱毛をいくつか契約するよりも、総額料金が安くなる場合が多くなります。

気になる部位が複数ある場合は、全身脱毛の価格をチェックして部分脱毛の価格と比較してみましょう。

医療脱毛とサロンの脱毛の料金相場を表にまとめました。

脱毛コースの料金相場
医療脱毛 脱毛サロン
全身+顔+VIO脱毛 5回219,829円 12回316,122円
VIO脱毛 5回98,999円 12回106,468円
顔脱毛 5回96,010円 12回127,597円
足脱毛 5回117,225円 12回166,837円
腕脱毛 5回93,641円 12回147,151円
※金額は大手医療脱毛と脱毛サロンの料金から算出した平均価格です。

「脱毛するなら脇を」と思っていた人が脇脱毛して満足すると、次は足、VIOも……とキレイになりたい気持ちが大きくなるケースがあります。

2~3部位をバラバラに脱毛すると、全身脱毛より料金が高額になってしまう場合があります。2~3部位以上を脱毛しようと考えているなら初めから全身脱毛でスタートした方がお得になります。

クリニックやサロンによっては、キャンペーンで全身脱毛が割安に申し込める場合もあります。

全身脱毛コースには手の届かない部位も入っている

全身脱毛をすると、自分では処理できない部位まで脱毛を受けられます。背中や腰、うなじ、Oラインなど手が届きにくい部位・見えにくい部位は自分で処理するのが難しい部位です。

背面の部位は、自己処理でカミソリなどで肌を傷つけてしまったり、剃り残してしまったりすることもあります。クリニックやサロンの全身脱毛は、脱毛のエキスパートであるスタッフが体のすみずみまでお手入れしてくれます。

見えない部分まで細やかに脱毛したいという人は、全身脱毛をチェックしてみてください。

全身の脱毛を一気にできるため来院回数が減る

気になる部分を一気にお手入れできることは、全身脱毛の大きなメリットです。パーツごとに次々と脱毛を契約するよりも、脱毛を終えるまでの期間が短くなります。

来院する回数も少なくて済むので、通院の負担も軽減できます。脱毛するか悩んでいるパーツがいくつかある場合は、効率よく脱毛を行える全身脱毛を検討してみてください。

全身脱毛コースを受ける際のデメリットとは?

全身脱毛のデメリット

全身脱毛にはいろいろなメリットがある一方、デメリットになると思われるポイントもあります。全身脱毛のデメリット4点について解説します。

全身脱毛のデメリット

  • 1回の照射時間が長い
  • 脱毛中の肌ケアが必要になる
  • 照射前にジェルを全身に塗るのが寒い

全身を照射するため1回の脱毛時間が長い

全身脱毛は、照射時間の長くなることがデメリットの1つです。脇だけなら15分ほどで終わる照射も、全身となると1時間以上かかる場合が少なくありません。

全身脱毛にかかる照射時間の目安を紹介します。

全身脱毛の照射時間の目安
全身脱毛
(顔VIO除く)
全身+顔+VIO脱毛
医療脱毛 約60分~90分 約90分~135分
脱毛サロン 約60分~120分

一部のクリニック・サロンでは1回の来院で全身を照射せず、上半身と下半身のように分割してお手入れする場合があります。この場合は来院回数が増えてしまいますが、1回の脱毛時間は短時間で済みます。

最近は全身脱毛をスピーディーに行うプランも人気です。アリシアクリニックでは全身をハイスピードで照射する脱毛機を使い、最短30分で全身脱毛を行えます。

全身脱毛中の肌ケアが必要

全身脱毛に通っている期間中は、紫外線対策や肌の保湿が欠かせません。特に腕や足、顔、うなじなど露出する機会の多い部位は、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策を徹底しましょう。

日焼けをした肌は軽くやけどを負った状態です。脱毛のレーザーや光を照射することで、さらに肌に負担がかかってしまいます。日焼けで色の濃くなった肌へは、脱毛機により照射を行えない場合もあります。
屋外で活動することが多く日焼けをしがちな人は、日焼け肌にも照射できる脱毛機(蓄熱式・SHR式脱毛機)を導入しているクリニックやサロンを選んでください。

このほか、乾燥した肌は刺激に敏感です。脱毛の照射により痛みを感じやすくなったり、赤みやかゆみが起きやすくなったりします。

乾燥して肌荒れを起こした肌には脱毛の照射を避けることもあります。脱毛期間中はローションやクリームをつかって、念入りに肌を保湿しましょう。

照射前にジェルを全身に塗るのが寒い

脱毛前に肌に塗るジェルが冷たくて不快という声があります。照射時に塗るジェルはレーザーや光により生じる熱から肌を保護するものですが、ヒヤッとした感触がする・べたべたする・体が冷えるなど苦手な人が少なくないようです。

全身脱毛の際はからだ全体にジェルを塗り込むことになるので、部分脱毛よりも寒さを辛く感じるかもしれません。脱毛機によってはジェルが不要なタイプがあり、ライトシェアデュエットやジェントルレーズプロなどはジェルを塗らなくても照射が可能です。
クリニックやサロンによっては、常温のジェルを選べるところもあります。

医療脱毛と美容脱毛の全身脱毛コースの違い

医療脱毛と美容脱毛の違い

医療脱毛と脱毛サロンでの全身脱毛の違いについて紹介していきます。

まずは二つの違いをチェックして、最後にそれぞれのメリットとデメリットをまとめました。

全身脱毛の回数や料金の違い

医療脱毛 脱毛サロン
脱毛回数※1 8回 12回
料金※2
※全身+顔+VIO
351,726円(8回) 316,122円(12回)
脱毛期間※3 1ヶ月~2ヵ月に1回 2週間~3ヵ月に1回
全身脱毛完了までに
かかる期間※4
8ヶ月~16ヵ月(1年4ヵ月) 6ヵ月~36ヵ月(3年)
全身脱毛の照射範囲 基本プラン:全身脱毛(顔VIOなし) 基本プラン:全身+顔+VIO
得られる効果 永久脱毛 抑毛効果
減毛効果
施術スタッフ 医師
看護師
エステティシャン
脱毛方法 医療レーザー脱毛
アレキサンドライトレーザーダイオードレーザーヤグレーザー
光脱毛
※IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛
痛み やや痛い~痛い あまり感じない~痛い
※1 回数は実際に医療脱毛と脱毛サロンで脱毛を行った人へのアンケートをもとに算出しています。
※2 満足できた回数と平均価格から算出しています。
※3 クリニックとサロンの平均的な通う頻度から算出しています。
※4 脱毛期間と満足できた回数から算出しています。
医療脱毛と美容脱毛の全身脱毛の違い
回数と料金

医療脱毛の全身脱毛回数の目安は8回、サロンの全身脱毛回数の目安は12回です。

医療脱毛は出力の高いレーザーにより効果的に照射でき、回数を抑えて全身脱毛を行えます。
全身+顔+VIO脱毛でかかった総額を比較すると脱毛サロンの方が低価格ですが、その差は約35,000円と極端に大きくはありません。

サロンの全身脱毛は回数が多めに必要ですが、1回あたりの値段の安いことが特徴です。

期間

全身脱毛にかかる期間は、回数が少ないクリニックの方が短期間で済みます。
クリニックで全身脱毛8回を受ける場合、およそ8~16か月通うことになります。

サロンで全身脱毛12回を終えるには、早くで6ヶ月~長くて3年です。

脱毛範囲

クリニックとサロンでは、全身脱毛の基本プランの照射範囲が異なります。クリニックでは全身脱毛(顔VIOなし)の範囲を基本プランにしているところがいくつか見られます。
希望により、顔やVIOの脱毛を希望することも可能です。

サロンでは、全身+顔+VIOの範囲が基本プランとなっています。

効果

クリニックの全身脱毛では、長期にわたって毛の少ない状態を維持できる永久脱毛の効果を得られます。永久脱毛ができるのは、医療脱毛のみです。

サロンの全身脱毛は、一時的に毛の成長を抑えて毛を減らせる抑毛・減毛効果があります。医療脱毛では医師や看護師などの有資格者が、サロンではエステティシャンが脱毛を担当します。

痛み

クリニックの医療レーザー脱毛は、比較的痛みを感じやすい脱毛です。ただし、医療脱毛であれば麻酔を使って痛みを抑えることができます。

サロンの光脱毛は、医療脱毛よりも痛みが弱く、温かみを感じる程度の場合もあります。
痛みの感じ方は個人差が大きく、脱毛部位によっても感じ方が変わります。あくまでも参考として理解しておいてください。

参考:エステ脱毛と医療脱毛の違いについて(はなふさ皮膚科)

クリニックとサロンの全身脱毛メリット・デメリット

全身脱毛メリット・デメリット
医療脱毛
(クリニック)
美容脱毛
(サロン)
メリット 全身の永久脱毛ができる
少ない回数で全身脱毛を行える
麻酔の使用が可能
医師や看護師が施術を行う
痛みを抑えて全身脱毛を行える
全身脱毛1回分の単価が安い
全身脱毛12回を最短6ヵ月で終えられる
デメリット 痛みを感じやすい
元の毛量に戻せない
全身脱毛の効果は一時的
長期的に通う必要がある
医療脱毛の全身脱毛おすすめポイント

医療脱毛は全身脱毛コースの完了までの期間が短いため、通院の負担を抑えることができます。

肌に照射するレーザーの出力レベルが高く、照射時の熱による痛みを感じやすい点がデメリットですが、クリニックでは麻酔を使うことができます。
医療脱毛の全身脱毛コースを完了すると脱毛前の毛量に戻すことができなくなるので、Vラインなどは希望の仕上がりについてよく考えて脱毛を始めてください。

脱毛サロンの全身脱毛おすすめポイント

サロンの全身脱毛は、回数は多く必要となるので、脱毛にかかる期間は長くなります。コース完了までの期間は長いですが、照射時の痛みや刺激を抑えて行うことができます。

サロンの全身脱毛で得られる効果は一時的な抑毛・減毛効果です。脱毛後時間が経過すると元の状態に戻ってしまう場合があることを知っておきましょう。

脱毛したい部位が3か所以上ある時は全身脱毛をチェック!

全身脱毛は全身をまとめて脱毛するセットプランです。医療脱毛では全身の永久脱毛が行えます。回数が少なくてすむので、通院期間も短期間です。

脱毛サロンでは、脱毛1回の価格や照射時の痛みを抑えて全身脱毛を行えるというメリットがあります。
部分脱毛を複数契約するよりも全身脱毛の方が料金が割安になる場合があるので、体毛の気になる部位がいくつかある方は、全身脱毛をチェックしてみてください。