明日を笑顔にする
美容医療Webメディア
Smile > 美容医療 > クマ取り整形のおすすめクリニックの料金は?クマの種類別の施術方法や保証についても

クマ取り整形のおすすめクリニックの料金は?クマの種類別の施術方法や保証についても

  /   1,578views

この記事では、目の下のクマに関する悩みを解決してくれる、クマ取り整形がおすすめのクリニックをお届けします。

クマ取り整形の料金の他、クマの症状別におすすめの治療方法も詳しく紹介してます。

※この記事は医療広告ガイドラインを遵守してます。
クリニック
TCB
東京中央美容外科
品川美容外科
湘南美容外科
東京美容外科
切らないクマ取り
の施術料金
9,800円~ 11,000円(両目)~ 18,330円~ 200,000円
初回カウンセリング 無料 無料 無料 無料
麻酔料金 施術により料金内に含まれる 3,300円~ 無料 麻酔テープ550円
医院数 102院 39院 127院 21院
こんな人に
おすすめ!
クマ取り整形が初めての人 シワの予防も行いたい人 脂肪注入も同時にしたい人 充実したアフターケアを受けたい人
公式サイト
TCB
品川美容外科
湘南美容外科
東京美容外科

クマ取りの施術選びに使える!まずはクマの種類や原因をチェック


青クマ

茶クマ

黒クマ
原因
目の酷使・疲れ 刺激・乾燥 加齢
おすすめの
治療方法
・再生注射
・レーザー治療
・レーザー治療
・イオン導入
・切開法
・裏ハムラ法
・経結膜脱脂法
・切開法
料金相場
83,600~547,800円 83,600~547,800円 5,000~547,800円

目の下にできるクマは大きく3つの種類に分かれ、それぞれ原因が違います。まずはクマの種類やクマが発生する原因を知っておきましょう。

血行不良が原因の青クマ

原因 ・血行不良
・目の疲れ
おすすめの治療法 ・再生注射
・ヒアルロン酸注射
・レーザー治療
・裏ハムラ法
・経結膜脱脂法
・切開法
こんな人は青クマかも 目の下を引っ張るとクマが薄くなる

青クマは、多くの方がイメージする寝不足やパソコンなどの長期使用による目の酷使、疲れで生じます。

目の下の血行不良などにより黒赤青色の血液が増えるとされていますが、黒赤青色の血液が透けて見えることから青っぽいクマになります。

目の下を軽く引っ張りクマの色が薄くなれば、青クマかもしれません。

色素沈着が原因の茶クマ

原因 ・目のこすりすぎ
・保湿不足
おすすめの治療法 ・再生注射
・脂肪注入
・レーザー治療
・イオン導入
・切開法
こんな人は茶クマかも 目の下を引っ張るとクマ皮膚と一緒に移動する

茶クマは、色素沈着により茶色っぽくくすんでしまっている状態を指します。茶色っぽく見える原因は、メラニンの色素沈着が原因といわれています。

目の下の皮膚は、他の部分と比べ表皮が薄いため目をこするような刺激や乾燥に弱いです。そのため、目をこする癖があったり保湿不足になったりすると生じる場合があります。

目の下を軽く引っ張り、クマも皮膚と一緒に移動した場合は茶クマかもしれません。

加齢が原因の黒クマ

原因 ・筋力の低下
・肌のハリ不足
・目の下のふくらみやたるみ
おすすめの治療法 ・再生注射
・ヒアルロン酸注射
・脂肪注入
・経結膜脱脂法
・切開法
こんな人は黒クマかも 上を向いたりたるみを伸ばしたりするとクマが消える

黒クマは、目元の筋力の低下や肌のハリが失われてしまい目の下に影ができ黒っぽく見えてしまうのが原因です。

目の下のふくらみやたるみがあると、より黒クマが目立ってしまいます。

加齢によって生じる場合が多く、上を向いたり目元のたるみを伸ばしたりしてクマが消えれば黒クマかもしれません。

病気が原因のクマ

こちらはクマの種類とは少し違いますが、以下の病気を発症した場合症状の1つでクマが生じる可能性があります。

病気でクマが発生する理由

  • バセドウ病:甲状腺ホルモンの過剰分泌による眼球突出で眼窩脂肪が出るため
  • がん:急激な体重減少による目下の皮膚のたるみのため
  • 貧血:貧血による血行不良のため
  • 皮膚炎や花粉症:目元のかゆみなどで目をこする刺激で色素沈着を起こすため
  • 肝機能障害:黄疸による肌のトーンが落ち体重の減少で皮膚がたるむため

病気が原因でクマが発生している場合は、これから紹介するクマ取り整形ではなくまずは病気の治療からはじめるようにしましょう。

クマ取り整形施術の種類や効果!料金相場やおすすめのクマタイプも

クマ取りの施術方法

クマ取り整形はセルフケアではなかなか難しい茶クマや黒クマなどの改善も期待できます。

市販の薬やパックによるセルフケアとの違いは?どっちがいい?

クリニックでのクマ取りは、市販品で改善されないクマがある方におすすめです。市販のアイクリームやパックは、メラニンの生成を抑制することで予防するものが多く、すでにできたクマの改善が難しいことがあります。

また、たるみや脂肪が原因の黒クマだと、メラニンにアプローチしても効果がありません。

クリニックで行うクマ取り整形であれば、クマのタイプに合ったさまざまな治療法を受けられます。脂肪やたるみを取る外科手術もあるので、根本からクマを改善したい方におすすめです。

クマ取り整形の施術の種類は、主に3つあります。それぞれの施術方法や効果、おすすめのクリニックを紹介していきます。

手頃な価格でクマ取りするなら再生注射や脂肪注入など「注射」がおすすめ

注射治療がおすすめのクマタイプ
  • ヒアルロン酸注射:黒クマ
  • 脂肪注入:黒クマ、茶クマ、青クマ
  • 再生注射:黒クマ、茶クマ、青クマ

目の下にヒアルロン酸や脂肪などを注射するクマ取り整形は、比較的お手頃な価格で施術できる場合が多く、初心者の方におすすめできる方法です。

目元を切ることがないため、ダウンタイムもほぼない場合が多いです。

ヒアルロン酸注射(再生注射)でのクマ取りは目元のたるみにも効果的であり、クマも取れます。しかし、ヒアルロン酸は時間がたつと流れてしまうため、数か月~1か月ごとの定期的な注射が必要になります。

ヒアルロン酸注射は、黒クマには効果的ですが青・茶クマにはあまり効果がありません。

脂肪注射でのクマ取りは事前に自分から脂肪を採取し、目の下に注入します。自分の脂肪を注入するため、合併症や拒否反応が起こる可能性は低いです。

どのクマの種類であっても効果が期待でき、血流改善の効果も期待できます。

再生注射でのクマ取りは、ヒアルロン酸やFGF再生因子などの12種類ほどの成分を注射して余分な脂肪の分解を促進させます。同時に肌組織の再生も促すため、クマの改善が可能です。

施術方法 ・再生注射
・ヒアルロン酸注射
・脂肪注入
ダウンタイム ほとんどない
痛み チクッとした痛み
メイク 当日から可能
アイメイクは翌日から可能
持続期間 1ヵ月~1年
料金相場 5,000~440,000円
注射がおすすめのクリニック ・TCB東京中央美容外科
・湘南美容クリニック
・聖心美容クリニック

痛みやダウンタイムが不安なら「レーザー治療やイオン導入」がおすすめ

レーザー治療やイオン導入がおすすめのクマタイプ
  • 青クマ
  • 茶クマ

クマ取りは脂肪によるアプローチだけでなく、肌の内側に働きかけるものもあります。レーザー治療はヘモグロビンやメラニン色素にアプローチするため、青クマや茶クマの改善が期待できます。

イオン導入であれば、メラニンの合成を防ぐので色素沈着による茶クマが気になる方におすすめです。

どちらのやり方も切らない治療でダウンタイムがほとんどなく、施術中の痛みもほとんどありません。初めてのクマ取りで痛みやダウンタイムが不安な方に向いています

メイクも当日から可能なので、なかなか仕事が休めない方や周りにバレずにクマ取りしたい方にもおすすめの施術です。

施術方法 ・レーザー
・イオン導入
ダウンタイム ほとんどなし
痛み レーザー:輪ゴムで弾かれるような痛み
イオン導入:ほとんどなし
メイク 当日から可能
持続期間 生活習慣やセルフケアによる
料金相場 5,000~30,000円
レーザー治療やイオン導入がおすすめのクリニック ・シロノクリニック
・城本クリニック
・大塚美容形成外科

長期的な効果を得たい方には「経結膜脱脂法」

経結膜脱脂法がおすすめのクマタイプ
  • 黒クマ

経結膜脱脂法とは結膜(瞼の裏側にある部分)を切り、余分な脂肪を取り除くことでクマを取る方法です。加齢が原因の黒クマに効果的です。

目元の表面ではなく、裏側を切るため傷が残りません。ダウンタイムも2日~1週間程度と比較的短いです。施術中は局所麻酔をするので、痛みに不安がある方も施術を受けやすいでしょう。

一度施術を受ければ、長期的な効果が期待できるので一度の施術でクマを取りたい方におすすめです。

ダウンタイム中は腫れや内出血がありますが、翌日からメイクができるのでコンシーラーやファンデーションで隠すことができます。

施術方法 ・裏ハムラ法
・経結膜脱脂法
ダウンタイム 期間:2日~7日
症状:腫れ、内出血、赤み、痛み、小じわ
痛み 局所麻酔時の針を刺すときの痛みのみ
メイク 翌日から可能
持続期間 半永久的
料金相場 56,000~660,000円
経結膜脱脂法がおすすめのクリニック ・品川美容外科
・TCB東京中央美容外科
・湘南美容クリニック

根本から改善したい方には「切開法」

切開法がおすすめのクマタイプ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

切開法とは下まつげから少し下の皮膚を切開し、余分な脂肪や皮膚を切除してクマを取る方法です。余分な脂肪や皮膚を切除して引き上げるため、たるみなどの改善も期待できます。

しかし、傷跡が残ってしまう可能性があったりダウンタイムが1か月ほどと長くなってしまったりする点はデメリットでしょう。

ダウンタイムは1か月程度で完成までには3か月程度必要で、5~7日後に抜糸のために通院も必要になります。

メイクは抜糸後からできるので、それまでは見た目の変化がバレやすく、外出を控えるのがおすすめです。

しかし、他のクマ取り整形でもクマが取れなかった方、クマを根本から改善したい方にはおすすめの方法です。

施術方法 切開ハムラ法
ダウンタイム 期間:1~3ヵ月
症状:腫れ、内出血、赤み、痛み、小じわ
痛み 局所麻酔時の針を刺すときの痛みのみ
メイク 抜糸後(術後5~7日後)から可能
持続期間 半永久的
料金相場 83,600~547,800円
切開法がおすすめのクリニック ・湘南美容クリニック
・聖心美容クリニック

クマ取り整形のおすすめクリニックの施術方法や料金

ここからは、クマ取り整形を受けられるおすすめクリニックを紹介します。

それぞれのクリニックで、受けられる施術方法や料金なども記載しています。クマ取り整形をしたい方はぜひ参考にしてください。

日帰り施術可能!
TCB東京中央美容外科
TCB東京中央美容外科の特徴
  • 経結膜脱脂法や注射などさまざまな施術が受けられる
  • 日帰りでの施術が可能
  • 超極細針や笑気麻酔などのオプションもある
施術方法 ・再生注射
・ヒアルロン酸注射
・切らない目の下のクマ取り(経結膜脱脂法)
施術料金 再生注射:9,800円
再生注射プレミアム(1㏄):69,800円
ヒアルロン酸注射 ダイアモンドフィール 目尻(1㏄):19,200円
ヒアルロン酸注射 ウルトラプラスXC(1㏄):34,800円
切らない目の下のクマ取り スタンダード:83,600円
保証の有無 治療にトラブルがあった場合、無料で修正・回復・アフターケアを受けられる
※表示価格はすべて税込みです。

TCB東京中央美容外科で受けられるクマ取り整形は、瞼の裏側を切って余分な脂肪を除去する経結膜脱脂法や注射などさまざまです。

カウンセリングで、目の下にあるクマの原因によって最適な施術方法を決めると良いでしょう。

簡単な施術の流れは、まずカウンセリングでどのような施術を行うのか決めましょう。その後麻酔・施術を行います。

施術は10~20分程度で終了する場合が多いです。そのため、日帰りでの施術が可能です。

麻酔は麻酔注射の前に点眼麻酔を行うため、比較的痛みは少ないです。それでも、痛みが苦手な方は相談をすれば、超極細針や笑気麻酔などのオプションも選べます。

診療時間 10:00~19:00
(予約受付時間9:00~23:00)
休診日 不定休※ホームページを確認してください
全国クリニック数 85院
シワなどの予防も期待できる!
品川美容外科
品川美容外科の特徴
  • クマ取り整形は経結膜脱脂法
  • 目元のたるみ・クマの症例実績が217,260件
  • 将来的にもシワなどの予防効果があり
施術方法 目の下のふくらみ取り(経結膜脱脂法)
施術料金 片目(非会員):46,200円
片目(会員):32,340円
両目(非会員):88,000円
両目(会員):61,600円
保証の有無 1年間安心保障制度
客観的に見て、あきらかな不整や取り残しがあり再治療が可能な場合は無料で再治療が可能
※表示価格はすべて税込みです。

品川美容外科では、目元のたるみ・クマの症例実績が217,260件ほどあるため、安心して施術を受けられます。品川美容外科で受けられるクマ取り整形は経結膜脱脂法です。

目の下のふくらみが原因のクマやシワ、たるみなどの改善が期待できます。眼窩脂肪を取り除くため効果が持続し、将来的にもシワなどの予防効果があるとされています。

簡単な施術の流れはまず、無料のカウンセリングで目元の状態を確認してもらえます。場合によっては、経結膜脱脂法以外の施術を進められるかもしれません。

施術方法が決まれば、麻酔を行い施術を行います。施術後はそのまま帰宅ができるため、入院する必要はありません。

施術後は、目薬を1日3回程度点眼してください。痛み止めなども処方してもらえますが、何か異常等があれば服用をすぐに中止し病院へ行ってください。

診療時間 10:00~20:00
※土・日・祝日も診療しています
休診日 不定休※ホームページを確認してください
全国クリニック数 39院
麻酔代込みの明瞭会計!
湘南美容クリニック
湘南美容クリニックの特徴
  • 症例実績は69,087件
  • 受けられるクマ取り整形は経結膜脱脂法や注射
  • 施術費用には麻酔代も含まれている
施術方法 ・ヒアルロン酸注射
・SBCプレミアムPPP皮膚再生療法
・目の下の切らないクマ・たるみ取り
・目の下の切らないクマ・たるみ取り(切開ハラム法)
・目の下の切らないクマ・たるみ取り(裏ハラム法)
・目の下の切らないクマ・たるみ取り+SBCリッチフェイス(目の下)
・目の下の切らないクマ・たるみ取り+コンデンスリッチフェイス(目の下)
・目の下の切らないクマ・たるみ取り+ナノリッチ(目の下)
施術料金 ヒアルロン酸注射(1㏄):39,180~69,800円
※注入するヒアルロン酸の種類によって金額の変動あり
SBCプレミアムPPP皮膚再生療法:260,000円
初回注入後6~12か月以内の追加注入(1㏄):70,000円
目の下の切らないクマ・たるみ取り:113,300円
目の下の切らないクマ・たるみ取り(切開ハラム法・両目):334,070円
目の下の切らないクマ・たるみ取り(裏ハラム法):334,070円
目の下の切らないクマ・たるみ取り+SBCリッチフェイス(目の下):231,800円
目の下の切らないクマ・たるみ取り+コンデンスリッチフェイス(目の下):297,800円
目の下の切らないクマ・たるみ取り+ナノリッチ(目の下):359,480円
保証の有無 保証期間1~2年間
不整や左右に差があり、医師が必要と判断した再施術
※表示価格はすべて税込みです。

湘南美容クリニックで受けられるクマ取り整形は、目の下の切らないクマ・たるみ取り(経結膜脱脂法)や注射、切開法です。

目の下のふくらみとへこみが混在している場合は、経結膜脱脂法と脂肪注入にも対応が可能です。

目の下の脂肪には3か所あり、どこから見てもバランスよく見えるように3か所それぞれから脂肪の除去を行います。

脂肪注入も同時に行うと、クマだけではなく若返りの効果も得られるでしょう。症例実績も69,087件ほどあります。

湘南美容クリニックでの施術費用には、麻酔代も含まれているため追加料金を請求される心配がありません。また、脂肪注入を行う施術には、脂肪抽出や抽出のための麻酔代も含まれています。

簡単な施術の流れは、まずはカウンセリングで自分のクマに合う施術方法の相談を行います。その後空きがあればそのまま施術を受けることもできますが、別日を予約することも可能です。

診療時間 10:00~19:00
最終カウンセリング予約/17:30
休診日 お問い合わせください
全国クリニック数 127院(海外を含む)
無料でアフターケアを受けられる!
東京美容外科
東京美容外科の特徴
  • クマ取り整形は切らない目の下のクマ・たるみ取り(経結膜アプローチ法)
  • 20年間医療事故0
  • アフターケア料金は施術費用に含まれている
施術方法 切らない目の下のクマ・たるみ取り(経結膜アプローチ法)
施術料金 両目:275,000円
保証の有無 東京美容外科で一度メスを入れた場合、どのようなトラブルでも対応可能
※表示価格はすべて税込みです。

東京美容外科で受けられるクマ取り整形は、切らない目の下のクマ・たるみ取り(経結膜アプローチ法)です。

20年間医療事故0といった実績の高さがあり、安心して施術を受けられます。

大まかな施術の流れは、カウンセリングと診察を行い施術や料金に関する不安を解消し、納得したうえで申し込みとお支払いを行い写真を撮影します。

写真を撮影する理由としては、術前と術後の変化を見比べて実感してもらうためです。

術後は、アフターケアもしっかりと受けられます。アフターケア料金は施術費用に含まれているため完全無料です。

施術後しばらくたった後でも、不安があれば相談することも可能です。

診療時間 10:00~19:00 [予約制]
休診日 不定休
※ホームページを確認してください
全国クリニック数 21院
術後のイメージを見ながら行うカウンセリング!
聖心美容外科の特徴
  • クマ取り整形は経結膜脱脂法・注射・切開法
  • 術後のイメージを見れる
  • アフターケアや保証も充実
施術方法 ・プレミアムPRP皮膚再生療法
・ヒアルロン酸注入
・経結膜脱脂法
・脂肪注入
・切開法
施術料金 プレミアムPRP皮膚再生療法(両目):319,000円
クリーム状麻酔の使用は別途2,200円
ヒアルロン酸注入(1㏄):60,500~98,000円
※注入するヒアルロン酸の種類によって金額の変動あり
経結膜脱脂法:330,000円
脂肪注入+血液検査代:330,000円+5,500円
切開法:385,000円
脂肪除去を行う場合別途88,000円
保証の有無 保証期間1年間
医師の診察で左右に差がある場合や改善が不十分であり、調整が可能とされた場合
※表示価格はすべて税込みです。

聖心美容クリニックで受けられるクマ取り整形は、経結膜脱脂法や注射、切開法です。また、聖心美容クリニックではイメージシミュレーションで術後のイメージを見れます。

そのため、施術を受けたらイメージと違ったといった事態を避けられる可能性が高くなります。

それだけではなく、無理のない営業も一切行っていないためカウンセリングを受けた後、自宅に帰って施術を行うか検討することも可能です。

アフターケアや保証も充実しているため、術後の経過に不安があっても相談に乗ってもらえます。

主な施術の流れは、カウンセリングを受けた後ゆっくりと検討をする時間があります。

もちろんカウンセリング当日の施術も受けられるので、希望するのであれば相談してみましょう。

受ける施術によっては血液採取を行う場合があります。施術を受け、術後の診察を受け終了です。

診療時間 10:00~19:00
休診日 不定休
※ホームページを確認してください
全国クリニック数 9院
モニター価格あり!
ガーデンクリニックの特徴
  • モニター価格を用意
  • 長期的に改善できる施術を用意
  • 年中無休で相談可能
施術方法 ・ニュープレミアムオートファイバー注入法(脂肪注入)
・経結膜脱脂法
・クマ治療コンプリート法(脂肪注入+経結膜脱脂法)
施術料金 ニュープレミアムオートファイバー注入法:440,000円(通常)、253,000円(モニター)
経結膜脱脂法:330,000円(通常)、165,000円(モニター)
クマ治療コンプリート法:770,000円(通常)、385,000円(モニター)
保証の有無 あり
※表示価格はすべて税込みです。

ガーデンクリニックでは経結膜脱脂法や脂肪注入注射でクマ取り整形を行っております。
施術はモニター価格で受けることができるので、少しでも料金を抑えたい方におすすめです。

脂肪注入と経結膜脱脂法を組み合わせたクマ治療コンプリート法であれば、1度の施術で長期的な改善が期待できます。

診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
全国クリニック数 8院
1年間の保証あり!
TAクリニッククリニックの特徴
  • ダウンタイムを考慮した施術方法
  • 1年間の保証期間つき
  • モニター価格で施術ができる
施術方法 ・下眼瞼脱脂術
・脂肪注入
・裏ハムラ法
施術料金 下眼瞼脱脂術:198,000円(通常)、79,100円(モニター)
下眼瞼脱脂術+脂肪注入:231,000円(通常)、198,000円(モニター)
裏ハムラ法:660,000円
保証の有無 保証期間1年間
医師の診察により再治療が必要と判断した場合
※表示価格はすべて税込みです。

TAクリニックのクマ取り整形は、経結膜脱脂法(下眼瞼脱脂術)・注射・切開法の3点です。

下眼瞼脱脂術では抜糸を行わないため、痛みや腫れなどのダウンタイムを抑えることができます。
脂肪注入と組み合わせることにより、目もとのシワやハリなどの悩みも同時にアプローチすることができます。

術後1年間は、医師の判断により再治療が無料でできるTAC安心保証制度を用意しているので、施術効果に不安がある場合も安心です。

モニター価格も用意しているので、なるべく費用を抑えたいという方にもおすすめです。

片目の施術を希望する場合は、両目の7割の料金で受けることができます。

診療時間 10:00~19:00
休診日 なし
全国クリニック数 8院
痛みに配慮した治療!
シロノクリニックの特徴
  • 負担の少ないレーザー治療を用意
  • 丁寧なカウンセリングで無駄な治療の勧誘がない
  • 複数の麻酔で痛みを軽減
施術方法 ・ヒアルロン酸注入
・レーザー治療
・経結膜脱脂法
施術料金 ヒアルロン酸注入:66,000円
ヤグレーザーピーリング:22,000円
経結膜脱脂法:275,000円
術前検査:11,000円
保証の有無 要確認
※表示価格はすべて税込みです。

シロノクリニックでは、経結膜脱脂法やヒアルロン酸注入の施術を受けることができます。
また、治療後から化粧が可能なヤグレーザーピーリングでの治療も用意しているので、ダウンタイムの期間があまり取れない方におすすめです。

カウンセリングを重視しており、無駄な治療を勧めることはないので、施術を受けるか迷っている方でも安心することができます。

痛みを抑えるために複数の麻酔を用意しているので、不安な場合は相談してみましょう。

診療時間 月曜日~土曜日:9:00~19:00
日曜日:9:00~18:00
休診日 なし
全国クリニック数 5院
傷跡や痛みに配慮した治療が豊富!
城本クリニックの特徴
  • さまざまな種類の施術方法を用意
  • 痛みが少ない極細針の局所麻酔を使用
  • 傷跡が残りにくい施術方法
施術方法 ・ヒアルロン酸注入
・経結膜脱脂法
・光治療
・切開法
施術料金 ヒアルロン酸注入(0.1cc):10,780円
切らない目の下脂肪取り手術:385,000円
目の下脂肪注入:220,000円(1回目)、66,000円(2回目)
保証の有無 要確認

城本クリニックのクマ取り整形は、経結膜脱脂法と注射の2種類用意しており、どちらも切らない施術なので手軽に受けることができます。

経結膜脱脂法はレーザーを使用して下眼瞼に小さな穴をあけるので、腫れを抑えることができ、施術補に通院する必要がございません。
メイクも施術当日からできるので、なるべくダウンタイムの期間を短くしたいという方におすすめです。

診療時間 10:00~19:00<完全予約制>
休診日 年末年始
全国クリニック数 25院
長期保証制度を受けられる!
大塚美容外科の特徴
  • 豊富な施術方法から選べる
  • レーザーを使用した施術を受けることができる
  • 5~10年の保証がある
施術方法 ・ヒアルロン酸注入
・ベビーコラーゲン注入
・脂肪注入
・経結膜脱脂法
・切開法
施術料金 ヒアルロン酸注入(1ml):88,000円~
ベビーコラーゲン注入(1ml):143,000円
脂肪注入:330,000円
経結膜脱脂法:220,000円
結膜(裏)ハムラー法:385,000円~
3点連結瞼板固定法:99,000円~(5年保証)
4点連結瞼板固定法:165,000円~(10年保証)
保証の有無 保証期間5年~10年間
※表示価格はすべて税込みです。

大塚美容外科では、施術前のカウンセリングを重視しており、悩みに合わせて最適な施術を受けることができます。

注射・経結膜脱脂法・切開法に加え、レーザーを使用してのクマ取り整形を行っております。

下まぶたのたるみを解消するのに有効的な瞼板固定法では、5年~10年の保証が付いている点も嬉しいポイントです。

診療時間 10:00~17:00
休診日 なし
全国クリニック数 6院
他院修正も可能!
もとび美容外科クリニックの特徴
  • モニター価格で施術が可能
  • 痛みを最小限に抑える麻酔を使用
  • 他院の修正にも対応
施術方法 ・目の下の脂肪取り(経結膜脱脂法)
・脂肪注入
・切開法
・ベビーコラーゲン
・ヒアルロン酸
・FGF
施術料金 目の下の脂肪取り:184,800円(通常)、162,800円(モニター)
目の下脂肪取り+目の下脂肪注入:382,800円
目の下脂肪取り+目の下脂肪注入(コンデンス):428,000円(通常)、348,000円(モニター)
目の下のたるみとり(裏ハムラ法):428,000円(通常)、348,000円(モニター)
ベビーコラーゲン療法:140,800円(通常)、107,800円(モニター)
保証の有無 要確認
※表示価格はすべて税込みです。

もとび美容外科クリニックでは、経結膜脱脂法、注射、切開法の3種の施術方法から症状に合わせて最適な施術方法を提案しております。

痛みを最小限にするために笑気麻酔と局所麻酔の2種を組み合わせて施術を行っているので、痛みが不安な場合も安心できます。

他院の修正にも対応しているので、他のクリニックで満足できる施術を受けられなかった方におすすめです。

診療時間 10:00~19:00
休診日 不定休
全国クリニック数 1院

クマ取り整形のリスクは?失敗例やダウンタイムを詳しく解説

クマ取りのダウンタイムの症状

セルフケアで難しいクマの改善が期待できるクマ取り整形ですが、失敗やダウンタイムなどリスクもあります。クマ取り整形の失敗例やダウンタイムについて詳しく解説するので、初めてクマ取りをする方は必見です。

事前に注意点を理解しておくことで、失敗のリスクを下げることができます。

クマ取り整形のダウンタイムの経過や過ごし方

クマ取り後のダウンタイムの経過は施術方法によって異なりますが、ダウンタイムの症状が強いのは切開法や脱脂法です。

脂肪取りやたるみ取りによるクマ取り整形の経過は、以下のようになります。

切開法や脱脂法の経過
術後日数 経過と症状
施術直後 ・目の疲労感
・腫れや赤み
・痛み
3日後 ・内出血が黄色くなる
・少しだけ腫れている
1週間 ・切開法は抜糸で元通りに近くなる
・ひきつれ感や疲労感がなくなる
・押すと痛みがある
1~3ヶ月 ・ほとんどの症状がなくなる
・痛みやビリビリ感もほとんどなくなる

術後1週間程度は内出血や腫れなどの症状がでるので、運動や飲酒など血行を促す行動は控えましょう。施術当日が最も腫れを感じやすいため、患部はタオルで覆った保冷剤などで冷やすのがおすすめです。

1週間が経ったら、ダウンタイムの症状はかなり落ち着いてきます。コンタクトの着用や運動なども再開できるほどです。しかし、まだ痛みやビリビリとした感覚は残っていることがあります。

切開法や経結膜脱脂法は3ヶ月程度で完成するケースが多いので、しばらくは患部への刺激を避けて生活するようにしましょう。

また、注射系施術やレーザー治療といったその他の施術のダウンタイムは以下のとおりです。

注射系のクマ取り 腫れや痛み、内出血が2日程度
レーザー治療 軽い内出血や痛み、腫れが3日~1週間程度
イオン導入 ほとんどなし

注射系施術やレーザーでは、内出血や腫れが数日出ることがありますが、切開法や経結膜脱脂法に比べると軽く済むことが多いです。

また、イオン導入はダウンタイムがないのが特徴ですが、肌に合わないとまれに赤みが出る場合があります。

クマ取りの失敗例と対策

クマ取りの主な失敗例には次のようなものがあります。

  • クマが消えなかった
  • 凹みなど不自然な仕上がりになった
  • 目元にシワやたるみができた
  • 目の下肌の色が悪くなった

クマ取り整形で失敗するとクマが消えないだけでなく、余計に目立ってしまうことがあるので注意が必要です。

クマが消えなかった

それぞれのクマタイプに合わない施術を行うと、せっかくクマ取り整形をしても効果が得られないことがあります。

凹みが原因のクマに脂肪取りを行ったり色素沈着に対してたるみ取りをしたりすると、根本原因が解消されない可能性が高いです。

また、複数タイプが混ざったようなクマだと、ほかの原因でできたクマが残ることがあります。

凹みなど不自然な仕上がりになった

脂肪の量を調整するような施術では、医師の技術力が低いと、凹凸ができるなど不自然な見た目になってしまうケースがあります。

脂肪の量が適切ではない場合に加えて、時間が経って体内に吸収されることで凹みが現れるという失敗も考えられます。

一度入れた脂肪を減らすといった修正は難しく、再治療に時間がかかることが多いです。

目元にシワやたるみができた

脂肪を切除することによって一気に皮膚が下がり、たるみやしわが目立つといった失敗があります。中年以降に起きやすい失敗で、クマを取るために脂肪を取りすぎると老けて見えることがあるので注意が必要です。

クマだけを改善できるように、医師が切除する脂肪の量をしっかりと見極める必要があります。

目の下肌の色が悪くなった

脱脂法では眼窩下縁を剥離して脂肪を取り除きますが、剥離の範囲が広すぎると術後に肌色が悪くなることがあります。

剥離したところが硬くなることで起こる失敗で、医師の技術力不足で起きやすいです。

クマ取り整形の失敗を防ぐためには?

クマ取り整形での失敗を防ぐためには、クリニックや医師選びを慎重に行うことが大切です。失敗の原因のほとんどは医師の技術力やカウンセリング不足です。

カウンセリングをていねいに行っているクリニックを選ぶほか、保証やダウンタイムに対するアフターケアが充実しているかもチェックしましょう。

また、タイプに合わない治療による失敗を防ぐには、施術メニューのチェックも欠かせません。施術の種類が豊富なクリニックを選べば、自分のクマタイプに合った方法を提案してもらえます。

失敗を防ぐには?クマ取り整形の施術を受けるクリニックを選ぶポイント

クマ取り整形の施術を受けるクリニックを選ぶポイントは下記の4点です。

  1. 様々な施術方法を受けることができるか

    クマ取り整形の施術には主に、注射・経結膜脱脂法・切開法の3つの施術方法があり、それぞれ改善が期待できるクマの種類や施術の持続時間が異なります。

    自分の希望している施術を受けることができるか、カウンセリング時には施術メニューも確認するようにしましょう。

  2. 予算内で施術を受けることができるか

    クマ取り整形の相場料金は、注射であれば1~10万程、経結膜脱脂法であれば20~30万、切開法であれば30万~程です。
    施術を受ける場合は、各施術方法の相場とクリニックの料金を比較するのがおすすめです。

    クリニックにより、麻酔や保証料金が別で発生する場合もあるので、合計金額が予算内に収まるか確認するようにしましょう。

  3. 腫れや痛みを抑える対策をしているか

    クマ取り整形は施術後に腫れや痛みが伴う場合があります。
    超極細針を使用しているクリニックや痛み止め・目薬を処方しているクリニックであれば、痛みやダウンタイムの症状を抑えることができます。

  4. 保証が充実しているか

    クマ取り整形の施術は、クマの種類により効果が出にくかったり、目の左右に差が発生してしまう場合があります。
    各クリニックでどのような保証を用意しているか確認することにより、術後の不安を軽減することができます。

カウンセリングの内容は?クマ取り整形の流れ

クマ取り整形の施術の一般的な流れは下記です。

STEP1
カウンセリング
まずは医師とのカウンセリングでクマの症状や、目の下のたるみ・ふくらみ具合を確認し、施術方法を決めます。
カウンセリング時には、施術後の仕上がりイメージをしっかりと確認するようにしましょう。

施術方法と仕上がりのデザインに納得できれば、施術日を予約します。
STEP2
施術
カウンセリング時に決めた方法で施術を実施します。クマ取りの施術はメイクを落とす必要があるので、クリニックで落とすのが面倒な方はすっぴんで行くのがおすすめです。

施術時は局所麻酔を行うクリニックが多いので、痛みが心配な方でも安心して受けることができます。

施術時間は、およそ15分程で完了するので、当日中に帰宅することが可能です。
STEP3
アフターケア
クマ取りは施術方法により2~3日程軽い痛みを感じることがあります。
ほとんどのクリニックで痛み止めの処方を行っているので、痛みが強い場合は服用しましょう。

また、治療トラブルや術後の経過が思わしくない場合、再施術の保証を用意しているクリニックが多いので、不安があれば施術を受けたクリニックに相談するのがおすすめです。

クマ取りのアフターケアはご自身で行うことも重要です。
食事は刺激物を避け、飲酒・激しい運動は2~3日は控えるようにしてください。

痛い?保険適用は?クマ取り整形に関するQ&A

ここでは、クマ取り整形に関するQ&Aをいくつか紹介します。しかし、回答に関しては施術を受けるクリニックによって若干違う可能性もあります。

より詳しく知りたい方は、各クリニックに問い合わせるか施術前のカウンセリングで相談してみましょう。

クマ取り整形は保険適用される?

クマ取り整形は基本的に病気には該当しないため、保険適用はされません

しかし、いかに該当する場合は、クマ取り整形であっても保険適用される可能性があります。

・生活に支障をきたしている
・左右に著しい差がある
・眼球の乾燥などで目が痛い


保険適用はされませんが、クリニックによっては医療ローンなどを利用して分割支払が可能な場合もあります。
支払いに関して不安がある場合は、カウンセリングの際に相談してみましょう。

クマ取り整形の痛みはどれくらい?

施術によって痛みの程度が異なります
注射系やレーザーであればチクッとした痛みや弾かれるような痛みで程度は強くありません。

脱脂法や切開法は麻酔を使用するため、局所麻酔の際に針を刺す痛みを感じる場合がありますが、術中は麻酔が効いているので痛みはほとんどありません。

術後ダウンタイム中に痛みを感じることがあり、耐えられない方は痛み止めを処方してもらうのがおすすめです。

クマ取り整形を行うデメリットは?

クマ取り整形を行う上でのデメリットは、ダウンタイムがある点や、施術内容によっては拒絶反応などが起こる可能性がある点です。

また、クマの種類によっては施術の効果がない又は効果が低い場合があります。

ダウンタイムなどに関しては、クリニックによっては腫れや痛みを抑える塗り薬などがあります。
別途費用が必要になるかもしれませんが、使用を検討してみましょう。

クマ取りを行おうか迷っている

なかには、そもそもクマ取り整形を行おうか迷っている方もいるでしょう。

多くのクリニックで無料カウンセリングを行っていますので、実際にクマを見てもらいどんな施術がおすすめなのか相談してみましょう。

実際に自分のクマの種類やおすすめの施術を確認したうえで、実際に施術を受けるかをじっくり検討してください。

未成年でもクマ取り整形は可能?

未成年でもクマ取り整形は可能です。
しかし、多くのクリニックで親権者の同意書が必要です。来院する際には、必ず持参してください。

同意書が無くても親権者の方と一緒に来院すれば施術は可能です。 18歳未満の方であれば必ず親権者が同席するようにしてください。

別件で通院や服薬をしていますがクマ取り整形は可能?

症状の内容や薬の種類によって、施術が可能かどうかが変わります。
予約を行う際や来院時に必ず申し出るようにしてください。

正確な薬の名前が分かるように、服薬中の薬かお薬手帳などを持参しておくと安心です。

クマ取り整形で明るい印象を

今回はクマの種類や施術方法、クマ取り整形のおすすめクリニックを紹介しました。

目の下にクマがあると実年齢より老けて見えてしまったり、疲れて見えてしまったりする可能性があります。

クマ取り整形の主な施術は、注射・経結膜脱脂法・切開法などがありますが施術後にはダウンタイムがある場合が多いです。

もし不安点がある場合は、カウンセリングを受けた際に質問をして納得したうえで施術を受けるようにしてください。

クマ取り整形を行い、明るい印象を持ってもらえるようにしましょう。