明日を笑顔にする
美容医療Webメディア
Smile > AGA > AGA進行スピードには個人差がある?進行パターンと急激に進行するのを遅らせる方法

AGA進行スピードには個人差がある?進行パターンと急激に進行するのを遅らせる方法

  /   148views

日本人男性の3人に1人が発症すると言われているAGA(男性型脱毛症)は、進行性の脱毛症ですがAGAは発症したら止めることはできないのでしょうか。

ここでは、AGAの進行スピードには個人差があるのか、AGAを発症して急激に進行すると1ヶ月ではげることがあるのかまとめました。
M型・O型・U型といったAGAの進行パターンと薄毛の種類、発症したAGAの進行は止まらないのか解説し、進行スピードを遅らせるための対策や進行具合に応じたAGA治療が受けられるおすすめAGAクリニックも紹介しているので参考にしてください。

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR
※当サイトは総額表示義務化により、全ての料金を税込価格で表記しています。

AGA(男性型脱毛症)の進行スピードには個人差がある?

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症のため、加齢に伴い抜け毛が多くなる一般的な薄毛よりも進行スピードは速いとされています。

AGAの進行スピードは、様々な要因が重なることで個人差があるので、どのような要因が関係しているのかまとめました。

AGAの進行スピードは年齢が若いと速い?

AGA(男性型脱毛症)は思春期以降に発症する脱毛症のため、一般的に20歳以降の成人男性に発症することが多いですが、早いと10代後半からAGAを発症する場合もあります。

10代や20代で薄毛の症状が進行することを「若年性脱毛症」、30代~50代で薄毛の症状が進行することを「壮年性脱毛症」、60代以降に薄毛の症状が進行することを「老人性脱毛症」といいます。「若年性脱毛症」「壮年性脱毛症」「老人性脱毛症」と、年齢により呼び方が異なりますが基本的には全てAGAのことです。

10代や20代の男性がAGAを発症する割合は中年男性に比べると少ないかもしれませんが、10代や20代といった若い年齢の男性は生活習慣が乱れていることが多いため、AGAを発症した場合の進行スピードが速いと考えられています。

AGAの進行スピードと遺伝的要因

AGAの発症やAGAの進行スピードには、遺伝的要因も関係していると言われています。

AGAの発症・AGAの進行スピードに関わる遺伝的要因

  • 5αリダクターゼの活性度
  • 男性ホルモンレセプターの感受性

5αリダクターゼの活性度は「優性遺伝」です。両親のどちらかが持っていれば遺伝子を受け継ぐ可能性が高く、テストステロンと還元酵素の5αリダクターゼが結合して結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)へと変換されます。

男性ホルモンレセプターの感受性は「隔世遺伝」で、母方の祖父が男性ホルモンレセプターの感受性が強く薄毛の場合は受け継ぐため、脱毛を引き起こすDHT(ジヒドロテストステロン)と結びつきやすくなります。

AGAの発症や進行スピードには遺伝的な要因が深く関係していますが、親の遺伝子が全て子供に遺伝するとは限らないため、AGAの発症や進行スピードに関係する1つの要因として留意しましょう。

AGAの進行スピードを速める・AGA発症リスクを高める要因

AGAの発症やAGAの進行スピードには遺伝的要因が大きく関わっており、そこにその他の要因などが重なると、AGAの発症を高め進行スピードを速めてしまうことがあります。AGAの発症を高め進行スピードを速めるのは、次のような要因が考えられます。

AGAの発症を高め進行スピードを速める要因

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 慢性的なストレス
  • 過度の飲酒
  • 喫煙
食生活の乱れ

栄養バランスの偏った食生活は髪の毛の成長に必要な栄養素が不足してしまうので、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。
脂っぽい食事は内臓に負担をかけ、偏食や過度なダイエットは栄養不足になり、AGAの発症リスクを高めてしまったり、進行スピードを速めてしまう要因になる可能性があります。


睡眠不足

睡眠中には髪の毛の成長に大切な成長ホルモンが分泌されており、細胞分裂を活発に行っています。
睡眠不足が続き十分な睡眠時間が確保できないと、髪の毛の成長に大切な成長ホルモンの分泌量が低下してしまうので、AGAの発症リスクを高めるだけでなく、進行スピードを速めてしまう要因になる可能性があります。


慢性的なストレス

ストレスにより心身ともに緊張状態が続くと血行不良になり、健康な髪の毛を育てるために必要な酸素や栄養素が頭皮に行き渡らなくなってしまいます。
また、慢性的なストレスによって自律神経が乱れてしまうと、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしAGAの発症リスクを高めてしまったり、進行スピードを速めてしまう要因になる可能性があります。


過度の飲酒

過度の飲酒は体内の水分を奪ってしまい血液がドロドロになってしまい、頭皮の血行を悪くしてしまうので、健康な髪の毛が育たなくなってしまいます。
過度な飲酒により肝臓に負担がかかると栄養吸収機能を低下させてしまうので、髪の毛に行き渡るはずの栄養素が不足してしまい、AGAの発症リスクを高めるだけでなく、進行スピードを速めてしまう要因になる可能性があるため、注意が必要です。


喫煙

タバコに含まれているニコチンには毛細血管を収縮させ、髪の毛の成長に大切な酸素や栄養素が行き渡らなくなり髪の毛の成長や発育を妨げてしまいます。
喫煙により毛細血管が収縮すると、毛乳頭が毛の成長に必要な栄養素を受け取れなくなってしまうので、AGAの発症リスクを高めてしまったり、進行スピードを速めてしまう要因になる可能性があります。

AGAを発症するのは遺伝的要因が大きいですが、AGAの進行スピードには発症した年齢や生活習慣などの要因も大きく関係しており、遺伝的要因と重なることでAGAの進行スピードを速めてしまいます。

同じ時期にAGAを発症したとしても、年齢や生活習慣などにより進行スピードには個人差があるため明確な進行速度を表すことはできませんが、AGAは進行性の脱毛症のため自然に治ることはなく、何もしないでいると薄毛が進行してしまうということを留意しておきましょう。

AGAは急激に進行して1ヶ月ではげることもある?

AGAを発症すると「急激に進行する」「1ヶ月ではげる」と思っている方も多いようです。しかし、AGAは進行性の脱毛症ですが急激に進行することは少なく、徐々に進行することが多い脱毛症のため、AGAは発症して薄毛が進行するまでに何年かかるのか、AGAが急激に進行したと感じる理由について解説します。

AGA進行速度は?何年で薄毛が進行する?

AGAが進行する速度は比較的ゆっくりなので、急激に進行することは少なく、発症したかといっても、薄毛がすぐに目立つようになることや1ヶ月ではげることはないので、AGAを発症したことになかなか気付かない場合もあるようです。

AGAを発症しても何もせず放置していると、発症してから年数を重ねるごとにAGAの症状が加速して抜け毛が増加し、髪の毛が減少して薄毛が目立つようになることが多いといわれています。

AGAは発症してから、ゆっくりと進行して5年程度で薄毛が目立つことが多いですが、AGAの進行スピードは前述の通り個人差があるので、様々な要因が重なると発症して1年~2年程度で大量の髪の毛が抜けてしまうこともあるようです。

AGAが急激に進行したと感じる理由

AGAは一般的に急激に進行することは少ないとされていますが、「AGAが急激に進行した」「髪の毛が急にスカスカになった」と感じる場合は、円形脱毛症や脂漏性脱毛症といった他の脱毛症をAGAと併発している可能性があります。

また、AGAの進行スピードを速める要因が重なって、抜け毛が多くなり薄毛が進行している可能性や、AGAがかなり進行してから他人からの指摘で気付いた場合なども、AGAが急激に進行したと感じる理由として考えられます。

AGA(男性型脱毛症)は、ゆっくりと進行することが多いため、「AGAが急激に進行した」と感じる場合は、AGA以外の原因があるかもしれません。「AGAが急激に進行した」「髪の毛が急にスカスカになった」と感じる場合は、AGAクリニックなどの無料カウンセリングを利用してAGAや薄毛の悩みなどの相談してみるといいでしょう。

また、病院やクリニックでAGA治療を行っているのに「AGAが急激に進行した」と感じる場合は、AGA治療薬や治療法がAGAの進行度に合っていない可能性があるので、医師に相談して治療方針の変更も検討してみてください。

AGAの進行パターンと薄毛の種類を解説

M型、O型、U型に分類されるAGAの進行パターンの特徴と、進行レベルと薄毛のタイプについて解説します。

AGAの進行パターンはM型・O型・U型の3種類

AGAの進行パターンは大きく分けると、M型、O型、U型の3種類に分類されているので、それぞれの進行パターンの特徴について解説します。

M型

M型は、おでこの左右の生え際の部分が徐々に後退し、剃り込みを入れたようになります。正面から見たときに額がアルファベットの「M字」に見えるタイプのAGAのため「M字ハゲ」と呼ばれることもあり、生え際の中央部が後退するわけではないので、やや気付きにくいという特徴があります。
生まれつき額がM字の方もいますが、AGAの発症を高める還元酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」は前頭部などに多いことから、AGAの進行パターンの中でもM型になりやすいと言われています。

O型

O型は、生え際からではなく頭頂部やつむじ周りから円形に薄毛が広がっていきます。上から見たときにアルファベットの「O字」に見えるタイプのAGAのため「つむじはげ」「頭頂部ハゲ」と呼ばれることもあり、自分では鏡を見ても確認しにくい部分が薄毛になるため、他人からの指摘で気付くことが多いという特徴があります。
O型はAGAの発症になかなか気付かないことが多いAGAの進行パターンのため、気付いた時には進行していることが多いタイプと言えそうです。

U型

U型は、前頭部の生え際が後退するのと同時に頭頂部の薄毛も広がっていきます。上から見たときにアルファベットの「U字」に見えるタイプのAGAのため「U字ハゲ」とも呼ばれることもあり、3種類のAGA進行パターンの中で最も薄毛の範囲が広いという特徴があります。
U型はAGAが進行すると最終的には側頭部と後頭部の髪の毛だけが残り、どの角度から見ても薄毛であることが分かってしまうので、AGAの深刻度も高いといえます。

AGAの進行レベルと薄毛のタイプ

AGAの進行パターンを、更に詳しく進行レベルと薄毛のタイプに分類した「ハミルトン・ノーウッド分類」は、AGAの分類を研究した作成者のハミルトン氏と、改定者のノーウッド氏の名前から名付けられました。ハミルトン・ノーウッド分類を見ると、AGAの進行度を確認しやすいので、自分の薄毛の状態と見比べてAGAの進行レベルと薄毛のタイプを判断できます。

ハミルトン・ノーウッドの分類
分類 症状
Ⅰ型 額の生え際が後退しているが正常に範囲のため、他人には気付かれにくい
Ⅱ型 Ⅰ型が進行した状態で、額の左右の生え際がやや後退してM字のようになる
Ⅱa型 Ⅰ型が進行した状態で、額の生え際と左右の生え際が後退しM字の切れ込みが深くなる
Ⅱ vertex型 Ⅱ型の進行に加え、頭頂部にも薄毛が見られる
Ⅲ型 Ⅱ型が更に進行し、額の左右の生え際が後退してM字がくっきりする
Ⅲa型 Ⅱ型が更に進行し、額の左右の生え際が更に後退し、前頭部も薄くなる
Ⅲ vertex型 Ⅲ型に加え、頭頂部にもO型の薄毛が見られる
Ⅳ型 Ⅲ型より更に生え際が後退して、頭頂部もO型に薄毛になる
Ⅳa型 Ⅲ型より更に前頭部が後退し、頭頂部の薄毛と繋がる
Ⅴ型 生え際の後退が更に進み、頭頂部の薄毛の範囲も広がり頭皮が露出する
Ⅴa型 Ⅳ型よりも前頭部の薄毛が進行し、頭頂部にも薄毛が広がり頭皮が露出している
Ⅵ型 生え際の後退が進み、生え際と頭頂部の薄毛が繋がり頭皮が露出する
Ⅶ型 Ⅵ型が更に進行して側頭部の薄毛も進み、後頭部に髪の毛が残る程度

ハミルトン・ノーウッドの分類にAGAの進行パターンを当てはめると、M型がⅠ型~V型、O型がⅡ vertex型~Ⅱ vertex型、U型がⅣa型~Ⅶ型に分類されます。

ハミルトン・ノーウッドの分類のⅠ型やⅡ型はAGA(男性型脱毛症)の初期のため、AGAの発症に気付かないことが多く、Ⅲ~Ⅳ型までAGAが進行してから薄毛が気になりの対策やAGA治療を始めるという方が多いようです。

AGAは進行性の脱毛症のため、ハミルトン・ノーウッドの分類を見てもわかるように、何もせず放置していると生え際や頭頂部を中心に薄毛が進行してしまいます。

AGAは薄毛の症状が進行する前の早い段階でAGA治療を開始すると、AGAの進行を防ぐことができます。少しでも薄毛が気になる場合はAGAクリニックなどの無料カウンセリングを利用して、頭皮や毛髪の状態を確認してAGA治療が必要なのか相談してみるといいでしょう。

AGAの進行は止まらない!?進行を遅らせる方法

AGAの進行は止めることは可能なのか解説し、AGAの進行スピードを遅らせる対策やクリニックでどのようなAGA治療が行えるのかまとめました。AGA治療が受けられるおすすめAGAクリニックも紹介しているので参考にしてください。

AGAの進行を止めることは可能?

AGAは進行性の脱毛症のため、発症してしまったAGAの進行を自然に止めることはできませんが、対策を行うことでAGAの進行スピードを遅らせることや、AGA治療を行うことでAGAの進行速度を止めて改善することは可能です。

AGAの進行を止めることは可能!
  • AGAは進行性の脱毛症なので、一度発症してしまうと自然に止めることはできない
  • AGAは対策を行うことで、AGAの進行速度を遅らせることは可能
  • AGAの進行は治療で止められるが、対処法のためやめると再びAGAが進行する

AGAの進行スピードを遅らせるための対策

AGAを発症してしまうと進行を完全に止めることや自然に治ることは期待できませんが、AGAは何もせず放置しているとどんどん進行してしまうので、AGAの進行スピードを遅らせるための対策を紹介します。

AGAの進行スピードを遅らせるための対策
  • 栄養バランスを意識した食事
  • 睡眠時間の確保
  • ストレスを溜めない
  • 過度な飲酒や喫煙を避ける
  • シャンプー方法を見直す
栄養バランスを意識した食事

AGAの進行スピードを遅らせるためには、栄養バランスが整った食事を摂り健康な髪の毛を育てることが大切なので、髪の毛を育てるために必要な「タンパク質」「亜鉛」「各種ビタミン類」といった栄養素をバランスよく食事に取り入れるようにしましょう。


タンパク質

髪の毛の主成分であるケラチンは、18種類のアミノ酸が結合してできたタンパク質なので、健康な髪の毛を育てるためにもタンパク質を豊富に含む食品を積極的に摂取しましょう。

タンパク質を豊富に含む食品
鶏むね・鶏ささみ・豚ひれ・豚もも・牛ももなどの肉類、サバ・アジ・カツオ・マグロなどの魚介類、たまご、大豆、乳製品類など

亜鉛

髪の毛の主成分であるケラチンを合成するために亜鉛は必要な成分で、アミノ酸を再結合してケラチンを生成します。亜鉛が不足してしまうと、アミノ酸が体内にあったとしてもケラチンを合成できないので、亜鉛を含む食品も積極的に摂取しましょう。

亜鉛を豊富に含む食品
牡蠣・ホタテ貝などの魚介類、牛肩ロース・牛もも・牛バラ・レバーなどの肉類、たまご、煮干し、カシューナッツなど

各種ビタミン類

ビタミンにはA・B・C・Eがあり、ビタミンAは新陳代謝を促進し、ビタミンBは過剰な皮脂分泌の抑制、ビタミンCは頭皮改善、ビタミンEは抗酸化作用を持ち頭皮環境を整えてくれるので、各種ビタミン類を含む食品も積極的に摂取しましょう。

各種ビタミン類を豊富に含む食品
ビタミンA にんじん、ほうれん草、モロヘイヤ、豚レバー、鶏レバー、卵黄など
ビタミンB2 ブロッコリー、干し椎茸、たまご、納豆、牛乳など
ビタミンB6 マグロ、にんにく、ピスタチオ、パセリなど
ビタミンC 赤ピーマン、キウイ、ブロッコリー、アセロラなど
ビタミンE ナッツ類、モロヘイヤ、アボカドなど

髪の毛を育てるために必要な、「タンパク質」「亜鉛」「各種ビタミン類」といった栄養素をバランスよく摂取できるように食事の時も意識してみましょう。また、栄養素をバランスよく摂取するのが難しい場合は、サプリメントを活用して補うようにしてください。

睡眠時間の確保

就寝中には頭皮や髪の毛のダメージを修復する成長ホルモンが分泌されるので、AGAの進行スピードを遅らせるためにも睡眠時間を十分に確保して、質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

成長ホルモンの分泌は眠り始めの3時間に大量に分泌するとされており、浅い眠りのときにはほぼ分泌されないので、最低でも5時間程度は睡眠時間を確保しましょう。また、質の良い睡眠をとるためにも、就寝前にはスマホやPCなどを使用しないようにして、ストレッチでリラックスするなどゆっくり過ごすようにしてください。

ストレスを溜めない

慢性的なストレスは頭皮の血行を悪化させるだけでなく、自律神経のバランスを崩してしまうので、AGAの進行スピードを遅らせるためにも、趣味などに没頭してストレスを溜め込まないようにしましょう。趣味などがない場合は、家族や友人などと食事を楽しんだり会話をするだけでもストレス解消になるので、自分ができる範囲でストレスを発散して溜め込まないようにしてください。

過度な飲酒や喫煙を避ける

過度な飲酒や喫煙は、栄養が頭皮に行き渡らなくなってしまい髪の毛の成長に悪影響を及ぼすので、AGAの進行スピードを遅らせるためにも過度な飲酒は控え、喫煙の習慣がある場合は禁煙するようにしましょう。

シャンプー方法を見直す

頭皮は汗や皮脂などの汚れが溜まりやすいので、頭皮環境を整えるためにも毎日シャンプーを行い頭皮を清潔に保つことが大切です。
AGAの進行スピードを遅らせるためにも、ただシャンプーをするのではなく正しい方法でシャンプーを行うようにしましょう。


正しいシャンプー方法
STEP1
シャンプー前にブラッシングをする
シャンプー前にはブラッシングを行い、髪の毛についている汚れなどを浮き上がらせて、絡まりなどもしっかりと取ります。
STEP2
ぬるめのお湯で予洗いをする
40℃以下の少しぬるめのお湯で2分~3分程度予洗いをして、ブラッシングで浮き上がった汚れや余分な皮脂を落とすようにしましょう。
STEP3
頭皮を優しく洗う
シャンプーは手のひらに取って、程よく泡立ててから頭皮につけて頭皮を洗います。爪を立てて洗うと頭皮を痛めてしまうので、指の腹を使い優しく洗うようにしましょう。
STEP4
しっかりすすぎ、乾かす
汚れやシャンプーが頭皮に残っていると、頭皮環境を悪化させてしまうので、しっかりとすすぐようにしましょう。また、自然乾燥は雑菌が繁殖してしまうので、シャンプー後はドライヤーを使用してしっかりと乾かすようにしましょう。

AGAを発症してしまうと進行を止めることはできませんが、自分で「栄養バランスを意識した食事」「睡眠時間の確保」「ストレスを溜めない」「過度な飲酒や喫煙を避ける」「シャンプー方法を見直す」といった対策を行うことで、AGAの進行スピードを遅らせることもできます。

しかし、これらの対策を行ってもAGAを発症している場合は、AGA治療を行わないと改善が見込めないため、クリニックでの治療をおすすめします。AGA治療に抵抗があるという方は、無料カウンセリングを行っているクリニックもあるので、まずはカウンセリングを利用して頭皮の状態やAGAの進行具合などを確認してもらいましょう。

AGAの進行具合や薄毛の症状に応じたAGA治療を行う

クリニックでAGA治療を行う際は、AGAの進行具合や薄毛の症状に応じた治療を行うことが大切なので、AGAの進行度に合わせた治療法をまとめました。


AGA進行度【軽度】:投薬治療

AGAが進行していない軽度の薄毛には、内服薬や外用薬を用いた投薬治療から始めるのが一般的です。投薬治療は多くのクリニックで受けられるAGA治療法で、「現状維持・脱毛予防」「脱毛抑制・発毛促進」などAGA治療薬により期待できる効果が異なり、クリニックによっては国内未承認薬や独自のオリジナル治療薬を処方する場合もあります。

投薬治療では「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」などのAGA治療薬が処方されることが多いので、それぞれのAGA治療薬の効果についてまとめました。


フィナステリドの効果
治療薬名 ・プロペシア(先発薬)
・フィナステリド(ジェネリック医薬品)
効果 ◎現状維持・脱毛予防

フィナステリドが有効成分のAGA治療薬には、先発薬の「プロペシア」とジェネリック医薬品の「フィナステリド」があり、服用することで抜け毛を予防する効果が期待できます。

主に前頭部から頭頂部に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ」という還元酵素を阻害することで、男性ホルモンのテストステロンと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを制御します。

デュタステリドの効果
治療薬名 ・ザガーロ(先発薬)
・デュタステリド(ジェネリック医薬品)
効果 ◎現状維持・脱毛予防

デュタステリドが有効成分のAGA治療薬には、先発薬の「ザガーロ」とジェネリック医薬品の「デュタステリド」があり、服用することで抜け毛を予防する効果が期待できます。

主に前頭部から頭頂部に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ」という還元酵素に加え、全身の皮脂腺に存在する「Ⅰ型5αリダクターゼ」を阻害して、男性ホルモンのテストステロンと結びついてDHT(ジヒドロテストステロン)に変換されるのを制御します。

ミノキシジルの効果
治療薬名 ・ミノキシジル外用薬
・ミノキシジル内服薬
効果 ◎脱毛抑制・発毛促進

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、どちらも発毛を促進する効果が期待できます。

ミノキシジル外用薬は頭部に直接塗布することで毛母細胞を刺激して細胞分裂を活発にします。ミノキシジル内服薬は服用することで毛乳細胞に直接作用して成長因子を増殖させます。

AGA進行度【中度】:注入治療

AGAが進行して薄毛が目立つ中度の薄毛には、AGA治療薬と併用して注入治療の施術を検討してみましょう。注入治療の施術には専門的な技術が必要なため、一部のAGAクリニックでしか受けられないAGA治療法になります。注入する薬剤の種類により期待できる効果は異なりますが、主に「脱毛抑制・発毛促進」の効果が期待できます。

また、施術方法も注射器の針を直接頭部に刺す施術や、専門の医療機器を使用して頭部に浸透させるなど各クリニックによって様々です。注入治療はAGA治療薬と併用して行うことが多く、施術も複数回行うのが一般的です。


注入治療の効果
施術名と料金相場 ・メソセラピー
・HARG療法
効果 ◎脱毛抑制・発毛促進

注入治療には大きく分けて「メソセラピー」と「HARG療法」の2種類があり、主に発毛を促進する効果が期待できます。

メソセラピーは注入する薬剤の有効成分により得られる効果が異なりますが、HARG療法は成長因子などが配合されたHARGカクテルを使用するため、施術を受けるクリニックに関係なく同じ効果が期待できます。

AGA進行度【重度】:自毛植毛

AGAが進行して薄毛がかなり目立つ重度の薄毛には、自分の毛髪を移植する自毛植毛の施術を検討してみてもいいでしょう。自毛植毛の施術には専門的な技術が必要なため、一部のAGAクリニックでしか受けられないAGA治療法になります。

自毛植毛は、内服薬や外用薬を用いた投薬治療や注入治療を行っても効果が得られなかったときに行うことが多い施術です。しかし、AGA治療の中でも最も高額な治療法になるので、自毛植毛を検討している場合は施術を受けたい範囲や予算などを医師に相談してから行うようにしましょう。


自毛植毛の効果
施術名 ・FUE法
・FUT法 など
効果 ◎毛髪の移植

自毛植毛はAGAにより薄毛になり髪の毛が生えてこない部分に、AGAの影響を受けにくい後頭部や側頭部の自分の毛髪を毛包の組織ごと採取して移植する外科手術です。自毛を移植するため生着率が高く、髪の毛が頭皮に生着すると何度でも生え変わります

AGA治療は、AGAの進行具合や薄毛の症状に応じた治療を行うことで効果を得ることができますが、AGA治療には即効性がないため継続的に治療を行う必要があります。AGA治療の効果を実感するまでの期間には個人差がありますが、半年~1年程度は継続してAGA治療を行う必要があるので、得たい効果だけではなく予算に応じて無理なく継続できるAGA治療薬・AGA治療法を選ぶようにしましょう。

AGA治療は進行が進むにつれ、使用するAGA治療薬の種類も増え、症状によってはAGA治療法を併用する場合もあるので、月々にかかる治療費用が高額になってしまうこともあります。AGA治療にかかる費用を抑えるためにも、薄毛が気になる場合はAGAが進行してしまう前に、早めにAGA治療を始めるようにしましょう。

AGA治療が行えるおすすめAGAクリニック5選

AGAの進行具合や薄毛の症状など、AGAの進行度に応じてクリニックで行えるAGA治療法について説明しましたが、ここではおすすめのAGAクリニックをピックアップして紹介しています。
AGA治療を検討している方はもちろん、薄毛が気になるという方は参考にしてください。

AGAクリニック クリフォア
CLINIC FOR (クリニックフォア)
レバクリ
レバクリ
イースト駅前
イースト駅前クリニック
AGAスキン
AGAスキンクリニック
ヘアクリニック
AGAヘアクリニック
AGA治療法 内服薬・外用薬 内服薬・外用薬 内服薬・外用薬 内服薬・外用薬・注入治療・自毛植毛 内服薬・外用薬
主なAGA治療費用
【予防・維持】
■予防プラン
(フィナステリド)
定期配送初回:0円※1 2回目以降:3,412円/月
■予防プラン
(フィナステリド)
定期配送初回:0円
2回目以降:3,721円/月
■フィナステリド
初回(トライアルプラン):1,650円
3,740円~
■フィナステリド
初回:3,700円/月
2回目以降:6,200円/月
■フィナステリド
初月:1,800円/月
次月以降:3,600円/月
主なAGA治療費用
【発毛】
■発毛ライトプラン
(フィナステリド+ミノキシジル内服)
定期配送:9,163円/月
通常:10,780円/月
■予防+発毛プラン
(フィナステリド+ミノキシジル内服)
初回0円
8,863円/月
■ミノキシジル外用薬
初回:1,980円
1ヶ月:5,500円~
■基本の発毛を希望の方(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
15,400円/月
■ミノキシジル内服薬
対面:10,000円/月 オンライン:9,000円/月
オンライン診療
初診から可能

初診から可能

初診から可能
※2
初診から可能
公式サイト
※1 予防プランの初月0円キャンペーンは決済ページでクーポンコード「TRY」を入力した時に適用されます。
※2 ご希望の方は公式LINEより承ります
AGA治療の目的 おすすめプランのAGA治療費用
予防・維持 ■予防プラン(フィナステリド)
定期初月:0円※1、2回目以降:3,412円/月
通常:4,015円/月
■デュタステリド
定期:6,919円/月
通常:8,140円/月
発毛 ■発毛ライトプラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
定期:9,163円/月
通常:10,780円/月
■発毛基本プラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬+サプリメント)
定期:13,838円/月
通常:16,280円/月
※1 決済ページでクーポンコード「TRY」を記入した場合に適用されます。

クリニックフォアのAGA治療では、内服薬や外用薬を用いた投薬治療が受けられます。AGA治療薬の単剤処方も行ってますが、複数の治療薬を組み合わせたセットプランも設けているので、AGAの進行具合や薄毛の症状などAGAの進行スピードに応じた治療が行えるでしょう。

クリニックフォアでは、対面診療だけでなく初診からオンライン診療にも対応しているので、通院せずにAGA治療受けられ、オンライン診療では通常価格よりも割安になる定期配送割、まとめ買い割などが利用できるので、費用を抑えてAGA治療が行えます。

オンライン診療で、フィナステリド処方の「予防プラン」を定期配送で申し込み、決算ページでクーポンコード「TRY」と入力すると0円で始められ、2回目以降も15%オフの定期割引が適用になり、3,412円/月で継続できるので費用を抑えてAGA治療が行えるでしょう。


クリニックフォアの概要
AGA治療内容・治療薬 ■内服薬
フィナステリド・デュタステリド・ザガーロ・ミノキシジル
■外用薬
ミノキシジル
診察料・カウンセリング料 診察料:無料(処方がない場合は診察料発生)
治療薬の配送料:550円
診療時間・休診日 7:00~24:00 ※オンライン診療の時間。日によって変動する場合もあります。
割引特典・キャンペーン ・フィナステリド初月0円
・まとめ買い・定期割引
・のりかえ割
クリニック数 全11院
公式サイト https://www.clinicfor.life/
AGA治療の目的 おすすめプランのAGA治療費用
予防・維持 ■予防プラン(フィナステリド)
定期初回:0円 2回目以降:3,721円/月
通常:4,378円/月
発毛 ■予防+発毛プラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
定期初回:0円 2回目以降:8,863円/月
通常:10,428円/月

レバクリはオンライン診療に特化しているクリニックで、内服薬を用いた投薬治療が受けられます。フィナステリド処方の「予防プラン」や、フィナステリドとミノキシジル内服薬処方の「予防+発毛プラン」があり、AGAの進行スピードに合わせた治療が行えるでしょう。どちらのプランも定期配送で申し込むと初回0円で始められ、送料も無料になります。

平日は21時過ぎまで診療が受けられ、自宅にいながらAGA治療が行えるので仕事が忙しい方も受診しやすく、適用になると通常価格よりも最大15%オフになる「定期割引」「まとめ買い割引」があるので、費用を抑えてAGA治療が受けられます。

レバクリでは、オンライン診療後に最短で即日にAGA治療薬の発送を行っているので、通院せず待ち時間なしでAGA治療を受けたい方は検討してみるといいでしょう。


レバクリの概要
AGA治療内容・治療薬 ■内服薬
フィナステリド・ミノキシジル
■外用薬
ミノキシジル
診察料・カウンセリング料 診察料:無料
送料:550円
診療時間・休診日 平日:16:00~21:45
土日:10:00~17:45
割引特典・キャンペーン ・定期配送初月0円
・まとめ買い・定期割引
・全額返金保証
クリニック数
公式サイト https://levcli.jp/male-aga/
AGA治療の目的 おすすめプランのAGA治療費用
予防・維持 ■フィナステリド
初回1ヶ月:1,650円
1ヶ月:3,740円~
6ヶ月:20,130円~
■デュタステリド
1ヶ月:6,930円~
6ヶ月:37,400円~
発毛 ■ミノキシジル外用薬
初回1ヶ月:1,980円
1ヶ月:5,500円~
6ヶ月:29,700円~
■ミノキシジル内服薬
1ヶ月:8,250円~
6ヶ月:44,550円~

イースト駅前クリニックは、AGA治療やED治療を行っている男性専門のクリニックで、AGA治療では内服薬や外用薬を用いた投薬治療が受けられます。先発薬だけでなくジェネリック医薬品も取り扱っており、治療薬の種類が豊富なのでAGAの進行スピードや予算に合わせたAGA治療が行えます。

対面診療では受付からAGA治療薬の処方まで15分程度しかかからないので、仕事の隙間時間などでも通院できますが、初診からオンライン診療にも対応しており、都合に合わせて対面診療とオンライン診療を使い分けて受診することも可能です。

イースト駅前クリニックでは、通常価格よりも割安な初回限定価格を設けている治療プランや、まとめ買い割引などもあるので費用を抑えてAGA治療を行いたい方は検討してみるといいでしょう。


イースト駅前クリニックの概要
AGA治療内容・治療薬 ■内服薬
フィナステリド・プロペシア・デュタステリド・ザガーロ・ミノキシジル
■外用薬
ミノキシジル
診察料・カウンセリング料 診察料:無料(処方が無い場合は発生)
送料:1,100円
診療時間・休診日 月~金:10:00~22:00
土日祝:10:00~18:00 ※院により異なる
割引特典・キャンペーン
クリニック数 40院
公式サイト https://www.eastcl.com/
AGA治療の目的 おすすめプランのAGA治療費用
予防・維持 ■予防・AGAの進行を遅らせたい方(フィナステリド)
初回:3,700円/月
2回目以降:6,200円/月
発毛 ■基本の発毛を希望の方(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
15,400円/月
■注入治療(ミノキジェット)
33,000円~/回
※1 12ヶ月コースの場合

AGAスキンクリニックはAGA治療や薄毛治療をを専門に行っているクリニックで、全国に61院あります。内服薬や外用薬を用いた投薬治療のほかに注入治療の施術も受けられ、東京品川院では自毛植毛にも対応しているなどAGA治療薬や治療法の種類が豊富です。

自分のAGAの進行具合や薄毛の症状を確認したい方や、自分の進行スピードにや予算に合わせた治療プランの提案を受けたい方は、無料カウンセリングを利用して相談してみるといいでしょう。

AGAスキンクリニックでは、通常価格よりも割安な初回価格価格やモニター制度などの割引特典も豊富で、適用条件はありますが処方された治療薬が身体に合わない場合には全額返金制度も利用できるので、AGA治療が初めての方も受診しやすいでしょう。


AGAスキンクリニックの概要
AGA治療内容・治療薬 ■内服薬
フィナステリド・プロペシア・デュタステリド・ザガーロ・ミノキシジル
■外用薬
ミノキシジル
■注入治療
■自毛植毛
診察料・カウンセリング料 診察料:無料
カウンセリング料:無料
血液検査料:無料
診療時間・休診日 10:00~22:00 ※院により異なる
割引特典・キャンペーン ・初月割引
・発毛実感モニター
・交通費補助
・全額返金制度など
クリニック数 63院
公式サイト https://www.agaskin.net/
AGA治療の目的 おすすめプランのAGA治療費用
予防・維持 ■フィナステリド
初月:1,800円/月
次月以降:3,600円/月
発毛 ■ミノキシジル内服薬
対面:10,000円/月
オンライン:9,000円/月
■ミノキシジル外用薬
対面:13,000円/月
オンライン:12,000円/月

AGAヘアクリニックはAGA治療や薄毛治療を専門に行っているクリニックで、秋葉原と大宮に1院ずつ開院しており、新宿、柏、船橋、千葉、横浜、つくば、梅田、高崎、宇都宮・京都河原町・神戸三宮に系列のAHCメディカルサロンがあります。

対面診療ではカウンセリングから会計まで個室内で全て完結するので、プライバシーへの配慮がされています。無料カウンセリングでは薄毛の相談だけでなく、196通りの治療パターンの中からAGAの進行スピードや予算などに応じて治療プランを提案してもらうことも可能です。

AGAヘアクリニックは初診からオンライン診療にも対応しており、一部のAGA治療薬は対面診療よりも割安なオンライン診療価格を設けているので、費用を抑えてAGA治療を行いたい方はオンライン診療を検討してみるといいでしょう。


AGAヘアクリニックの概要
AGA治療内容・治療薬 ■内服薬
フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル
■外用薬
ミノキシジル
診察料・カウンセリング料 診察料:無料
カウンセリング料:無料
送料:520円
診療時間・休診日 10:00~20:00
割引特典・キャンペーン ・初月料金割引
・オンライン診療割引
・返金保証
クリニック数 11院
公式サイト https://agahairclinic.or.jp/


AGAの進行スピードには個人差がある?

AGA(男性型脱毛症)は急激に進行することは少ないので、発症してから1ヶ月ではげることはありませんが、発症した年齢や生活習慣などによりAGAの進行スピードには個人差があり、遺伝的要因と重なることでAGAの進行スピードを速めてしまうこともあります。

AGAは生活習慣を見直すなど自分で対策することもできますが、AGAは進行性の脱毛症のため、薄毛が気になる場合は進行する前に早めにAGA治療を開始することをおすすめします。

自分のAGAの進行具合や薄毛の症状を確認したい方は、無料カウンセリングを利用して相談してみるといいでしょう。また、忙しくて通院できない方や対面診療に抵抗がある方は、オンライン診療を受診すると自宅にいながらAGA治療が行えます

今回紹介したAGA治療が行えるAGAクリニックの中には、無料カウンセリングを行っているところや、初回からオンライン診療に対応しているところもあるので、薄毛が気になる方はAGA治療を検討してみてくださいね。

>>AGA治療が行えるおすすめAGAクリニック5選はこちら!